全国 高校 選抜 陸上。 全国高等学校陸上競技選抜大会とは

全国高等学校陸上競技選抜大会

全国 高校 選抜 陸上

8月31日(土)・9月1日(日)の2日間,大阪・ヤンマーフィールド長居にて行われましたへ参加してきました。 日駒からは,男女1名ずつが『スプリントトライアスロン』という種目に出場しました。 この種目は,1日で60m,150m,300mの3本へ出場。 その記録を点数に換算して,合計点を競うものです。 (昨年度の全国高校選抜より実施) 当然,スタート位置はすべて異なります。 即座に点数変換。 短距離の混成競技。 支部新人大会 自分の設定するハードル(目標)は,高くも低くもできます。 いよいよ今シーズンも後半戦です。 3年生を抜いた,1・2年生が中心となる新人大会。 支部新人大会を勝ち上がれば,9月下旬の東京都新人大会,10月下旬には関東新人大会(@千葉)へ。 支部新人大会が,9月7日(土)・8日(日)に大井陸上競技場で行われました。 オープン種目を除いた次の個人種目で入賞しました。 (都新人へ進みます。 ) 男子:200m(2名),400m(1名),800m(2名),走高跳(3名),走幅跳(2名),やり投(1名) 女子:100m(3名),200m(3名),400m(2名),走高跳(2名),走幅跳(2名),砲丸投(2名),やり投(1名) 延べ人数で,男子11名・女子15名。 応援よろしくお願い致します。 夏から取り組んだ400mハードル。 最後のハードル。 仲間の応援も後押し。 仲間を精一杯応援。 日駒魂を忘れずに。 後半戦も,『勝つ!』.

次の

全国高校陸上競技選抜大会 2019 結果・速報(リザルト)

全国 高校 選抜 陸上

沖縄インターハイ男子400mHで2連覇した出口晴翔(東福岡3) 「第7回全国高校選抜~サマーチャレンジカップ~」(日本陸連主催)が8月31日、9月1日の両日、大阪市のヤンマーフィールド長居で行われる。 この大会はインターハイ種目(大半が五輪種目とも共通)とは違う特殊種目を多く実施している。 種目間トランスファー(転向)をテーマに掲げており、優秀な選手が専門外種目に挑戦する機会を提供することが目的で、新たな可能性を探るためだ。 また、専門種目に必要な能力を考慮した専門外種目での参加標準記録を設定すること(たとえば、女子棒高跳に出場するためには、棒高跳3m00以上の記録を持っている上で、100m12秒95か走幅跳5m00のいずれかの記録を達成することが条件)によって、競技者としての視野を広げ、シニアにつながる普及・強化を図ることを目指している。 実施種目は次の通り。 ・スプリントトライアスロン(60m、150m、300m)、 ・600m ・3000m ・110mミドルハードル(高さ91. 2cm、インターバル8. とくに男子300mハードルでは、高校最高記録36秒17の更新に注目が集まりそうだ。 このほかのインターハイ優勝者では、400mハードルの津川瑠衣(八王子3東京)が300mハードルに、女子走幅跳の北田莉亜(摂津3大阪)と女子三段跳の小寺波音(至学館3愛知)が四段跳に、女子七種競技の田中友梨(至学館3愛知)が四種競技に出場する予定だ。 また、男子走高跳優勝の江頭亮(大塚3大阪)は五種競技にエントリーしている。 また、沖縄インターハイでハイレベルなレースを演じた女子短距離からは、100m6位・200m3位の井戸アビゲイル風果(至学館3愛知)がスプリントトライアスロンに名を連ねている。 前回、臼井文音(立命館慶祥・北海道/現・立命大)の出した優勝得点3114点を上回ることができるか。

次の

全国高校選抜陸上 男子 600メートル・松下、二段跳び・廣田 V | 長崎新聞

全国 高校 選抜 陸上

種目間トランスファーを考慮した参加標準記録を設定し、優秀な人材が専門外種目に挑戦する機会を提供すること。 また、専門種目に必要な能力を考慮した専門外種目での参加標準記録を設定することで、競技者としての視野を広げ、シニアに繋がる普及・強化を図ることを目的に開催されます。 男子は、スプリントトライアスロン(60m・150m・300m)、600m、3000m、110mMH、300mH、2000m障害、3000m 競歩、二段跳、砲丸投、五種競技(100m・走幅跳・砲丸投・走高跳・400m)。 女子は、スプリントトライアスロン(60m・150m・300m)、600m、2000m、100mYH、300mH、2000m障害、3000m 競歩、四段跳、棒高跳、砲丸投、ハンマー投、四種競技(100mH・走高跳・砲丸投・200m)が行われます。 地下駐車場あるいは南駐車場を利用してください。 ・配送の流れについて() ・配送依頼書()() ・配送運賃表() ・配送の日程() 混成競技のエントリーについて1) 申込書・総括申込書)をダウンロードし、必ずメールにて申し込むこと。 参加標準記録の突破が証明できるリザルトのコピー等を添付すること。 2)参加料は資格審査後、大阪陸協から連絡があった者に限り、所定の口座に速やかに振り込むこと。 大会情報• 協力団体•

次の