ほんとに 涼しい 冷 風扇。 ほんとに涼しい?口コミで話題!最新の冷風扇おすすめ5選と気になるその効果!

2020年最新版エアコンの置けない部屋におすすめの冷風機&冷風扇12選 涼しい風をつくる仕組みの違いや選び方

ほんとに 涼しい 冷 風扇

冷風機とは? 冷風機とは何?と思う方もいらっしゃると思いますので、簡単にご説明をします。 冷風機の構造は室内の空気を取り込んで熱交換ユニットを備えていて冷風を出し、機械の背面から排気(熱い風)を出す機械です。 凄く難しく書いている訳ではありませんが、これじゃ~分からないですよね。 ズバリ!冷風機とはエアコンの持ち運びが出来るコンパクトサイズのものです。 室外機一体型ミニクーラーと言った感じです。 冷風扇との違いは? 冷風扇とは違うの? と言う方もおられる事でしょう! 正直、全く別物です。 冷風扇は扇風機の前に水を張ったバケツを置いて、暑さで水が気化する時に熱を奪う作用を利用して涼しくなった空気を扇風機で送りだすシステムです。 ほとんど扇風機です。 冷風機・冷風扇のメリット・デメリット 物には全てメリット・デメリットと言う等価交換と言うものがついて回ります。 当然冷風機、冷風扇にもこの等価交換のシステムの存在があります。 冷風機のメリット・デメリット 冷風機にもメリットデメリットはあります。 それぞれをみていきましょう。 冷風機のメリット ・室外機の設置がいらない ・持ち運び片付けが出来る。 ・除湿機能もある。 冷風機のデメリット ・本体価格が高い ・冷風扇に比べでかいものが多い ・コンプレッサー内蔵なので音がうるさい 冷風扇のメリット・デメリット 冷風扇の方ももちろんメリットデメリットはあります。 こちらもそれぞれみていきましょう。 冷風扇のメリット ・本体価格が安い ・冷風機に比べ小型なのが多い ・氷などを入れれば瞬間的涼しさはこちらの方が高い ・エアコンの風が苦手な方でも安心 冷風扇のデメリット ・湿気が多くなるため使うとしても別途除湿機も欲しくなる ・扇風機なので、部屋全体が涼しくなることはない メリット・デメリットはまだまだ、ありますが代表的な物だけ紹介しておきました。 お互いのメリット、デメリットを見比べて検討してみてください! では冷風扇と冷風機どっちがいいのか? 結論から言うと、用途にも寄るかもしれないですが、いわゆる家で涼みたいと言うときは断然冷風機の方をオススメします。 冷風扇と冷風機1番の違いは湿度の違いです。 冷風扇はどんなに涼しい風を送ろうが気化した水を巡回させているので湿度は高いです。 それに比べて冷風機は逆にミニエアコンと言われてる通り除湿機能があり湿度は低くなります。 湿度が高いと言うことは、部屋の温度は例え同じ28度だったとしても、体感的な涼しさは全然違います。 湿度が高い方はどこかジメジメして汗もよくでる環境ですが、湿度が低ければカラッとした暑さで居心地はいいと思います。 おすすめのほんとに涼しい冷風機 どうです。 冷風機ってのも有りではありませんか!? エアコンにはない手軽さがやはり売りなんです。 そこでおすすめ冷風機をいくつか紹介します。 トヨトミ スポット冷暖エアコン TAD-22JW 冷風機を探してる方にはどうしてもクーラーを室外機などの理由で、家に置けない!という方も多いかと思います。 除湿機という視点で部屋を涼しくする! 冷風扇と冷風機でなぜ冷風機を選ぶかという理由の1つに湿度を気にする方が多いかと思います。 そこで視点を変えて今度は除湿機から探すのも安く抑えられますしとてもおすすめです。 アパートやワンルーム、小部屋などであれば、除湿をするだけでも夏のジメジメした暑い部屋が一気に居心地の良い空間に変えられるかと思います。 温度はそこまで下がらなくても体感温度としてはかなり涼しく感じられる良い環境づくりをできるかと思います。 その他にも、除湿機は衣類乾燥やカビ対策なのど効果もあるので、1年フルに使う場所を選ばないのもおすすめの1つです。

次の

【2020年版】夏本番!ほんとに涼しいおすすめ冷風機&冷風扇

ほんとに 涼しい 冷 風扇

冷風扇(冷風機)の仕組みを解説! 「冷風扇」・・読んで字のごとく、 冷たい風が出る扇風機、そう解釈すればOKですが、その仕組みってどうなってのんさ!って話。 冷風扇を例えるときによく 「打ち水と同じ原理だね!」なんて言うんですが、まさにそのとおり。 打ち水をすると灼熱にさらされたコンクリートの道路もなんだかスーッとちょっと冷たい風が流れます・・そんな感じです。 仕組みとしては 水が気化して空気に変わる過程で熱を一緒に持っていってくれるので(気化熱)、涼しい空気を生み出してくれる・・これがメカニズム! 勘違いしやすいところですが、ここの部分がクーラーとの決定的な違いですね。 クーラーが冷たい空気を出すことで空気全体の気温を下げるのに対し、 冷風扇(冷風機)はあくまで気化熱を利用して涼しい空気を出すだけで、涼しく感じるのは冷風扇に当たっている部分のみ(部屋全体の温度は下げない)というワケですね。 冷えすぎ・クーラー病回避には「冷風扇」が効果的! 灼熱の外気とキンキンに冷えた室内の温度差・・・それが 体の自律神経の乱れや不調を生んでクーラー病が発生するわけなんです。 冷風扇の特徴についてお話してみたいと思います。 体を冷やしすぎない やはり、クーラーと比べてココが一番のメリットでしょう! 気化熱を利用した「打ち水」感覚のひんやり涼しい風は、 体に過度の負担をかけません! 室内全体の温度を下げてしまうクーラーとはココが一番違うポイントですね。 電気代が安い! クーラーの1時間あたりの電気代が10円ぐらいと言われていますが、 冷風扇の1時間あたりの電気代はおよそ1円程度。 酷暑だとずーっとクーラーをかけっぱなしってことも多いでしょうから電気代もバカにになりません。 経済的にもフトコロにやさしいのも大きなポイントです。 使っていたクーラーが潰れたので、前から興味もあったので急遽購入することになりました。 スリムなタイプの冷風扇で、 立体的で幅を取らないのでいいです。 省スペースってやつですね! 上部にあるメインパネルです。 風の強弱のほか、 スイング機能、タイマー機能も使えて便利です。 モードも 「連続」、「リズム」、「おやすみ」とありますが、わたしはもっぱら「連続」しか使ってません。 裏はこんな感じ。 ホコリなどゴミを防ぐ エアーフィルターが見えますね。 一番下に取り外し可能な 給水タンクがあるので、ココに水を入れます。 ここに入っている水を吸水フィルターが吸い取り、気化させることでひんやりした空気、風を作り出す仕組みなんです! この給水タンクに 保冷剤を入れておくとひんやり度がアップしますのでオススメです! ペットボトルに水を入れて冷蔵庫で冷やしておき、給水タンクの水がなくなったらそれを入れるようにしておくのも効果あり! あれこれ工夫すると、冷風扇を最大限に生かして、より涼しくすることも出来ますので、ご参考にしてみてください! 冷風扇利用により避けられるクーラー病(冷房病)の原因と症状とは?! クーラー病(冷房病)の原因 聞きなれない言葉かもしれませんが、この クーラー病(冷房病)、じつに増えているんですねぇ! さきほど言ったように、そもそも人間は自律神経の働きによって血液の流れや皮下の汗腺の働きをコントロールすることで体温調節を図っています。 昼間、酷暑の中、外を歩いてきた後に、クーラーによる冷房でギンギンに冷え切った室内に入って「さむーっ!!」となること、よくありますよね。 目安として 5度以上の温度差があるところを行ったり来たりしていると、 体の自律神経が破綻をきたし、体温調節をはじめ、体のコントロールがうまくできなくなるようになってしまうんです! これこそがクーラー病(冷房病)です! クーラー病(冷房病)の症状 手足の冷え、寒気 過度の冷房の刺激によって手足に通っている末梢血管が収縮し、それによって血液の流れがおかしくなり、手足の血流が低下、冷えを感じるというものです。 めまい、頭痛 自律神経の働きが悪くなり、交感神経が優位になると血管の収縮が起こり、脳への血流が低下し、その結果としてめまいを起こすことがあります。 逆に脳の血管が膨張することで神経を圧迫し、頭痛に至るケースもあります。 バカ頭痛い。

次の

スポットエアコン(スポットクーラー)のおすすめ人気ランキング10選

ほんとに 涼しい 冷 風扇

ページコンテンツ• 冷風扇とは? そもそも冷風扇とはいったい何なのでしょうか。 冷風機にもよく似ている冷風扇ですが、まずは冷風扇の基本的なところから知っていきましょう。 涼しい扇風機 冷風扇とは、簡単に言ってしませば「涼しい風を作り出す扇風機」ということになります。 冷風機の原理は、水が蒸発する際に起こる気化熱を利用して気温よりも温度が低い空気を作り、この空気を送ることで周囲を冷やします。 水によって冷たい風を作る扇風機であるため「水冷式冷風機」と呼ばれることもあります。 吸気 ファンの回転によって背面部などに設置された吸気口から外気を取り込みます。 気化熱による冷却 スポンジや厚手の不織布で作られている水分を含んだ蒸発用フィルターの隙間を吸気した外気が通ります。 フィルターを通った空気は気化熱によって冷やされます。 送風 冷やされた空気は、冷風機から送風されて周囲に送られます。 冷風扇のメリット 冷たい風を送ることができる冷風扇には、どのようなメリットがあるのでしょうか。 消費電力 エアコンと異なりコンプレッサーを使わないため、消費電力は扇風機とそれほど変わりません。 非常に小さな電力で動くため省エネ家電としても利用されています。 優れた静音性 原理的には、濡らしたタオルで冷やした空気を搭載した扇風機のようなもののため、音も扇風機程度でとても静か。 さらに構造的にファンが本体に格納されており、ファン自体も静音性に優れたシロッコファンが使われているため扇風機よりも静かになります。 安価 構造が非常に単純なため、エアコンのように価格が上がることはありません。 扇風機と変わらない価格で手に入れることができます。 軽量 構造の単純さによって小型化・軽量化が容易。 簡単に持ち運んで使うことができます。 危険性が低い 扇風機と異なりファンが露出していないため、子供がケガをするような危険性が比較的低くなっています。 環境にやさしい 使うのは水だけであるため、環境的にも優しい電化製品です。 健康に良い エアコンは冷えすぎる傾向がありますが、それほど冷たい空気が出ない冷風扇の風は体調を崩す要因にはなりにくいです。 空気清浄効果がある 濡れたフィルターを外気が通るため、ホコリなどがフィルターに吸着されて空気清浄効果に期待できます。 冷風扇のデメリット いいところがたくさんある冷風扇ですが、もちろんデメリットもあります。 湿度が調整できない 冷風扇は気化熱を利用するため、使用すれば水が蒸発することを避けられません。 その結果、湿度は上がり閉め切った部屋で使えば蒸し暑くなることがあります。 湿度が高いと効果が低い 梅雨時など、湿度が高い時期には水が蒸発しにくいため冷却性能が下がります。 冷却能力が弱い そもそもエアコンのように部屋全体を冷やすような能力はなく、あくまで冷たい風を出す程度の冷房効果しかありません。 サーキュレーター的に使えない 扇風機なら代用できる送風によって部屋の空気を大きく動かすサーキュレーターのような使い方はできません。 風力が弱く湿度のある風はサーキュレーターとしては不向きです。 水の補給が必要不可欠 水を蒸発させて稼働する冷風扇は、水の補給が必要不可欠。 水を入れたり交換したりする手間がかかります。 カビが生えるなど不衛生になる 水を蒸発させる構造上、冷風扇の内部は湿度が高い状態となり、絶えずホコリなどが混じった空気が流れ込むことになります。 その結果、扇風機などに比べてフィルターにカビが生えるなど不衛生な状態になる可能性も高まります。 冷風扇と冷風機の違いは? 冷風扇とよく似た機械の中に「冷風機」と呼ばれるものがあります。 冷風機は、熱交換器によって空気を冷やす装置であり、言わば移動式のエアコン。 原理的にも冷風扇とは全く異なる冷房装置です。 冷風扇と冷風機を混同しないように注意しましょう。 冷風扇と混同しやすい冷風機については以下の記事を参照してください。 冷風機と冷風扇の見分け方 冷風扇と冷風機は、いくつか異なるポイントがあるため見分けることができます。 冷風扇は除湿ができない 冷風機はエアコンのようなもののため除湿ができますが、冷風扇は水を蒸発させたときに起こる気化熱を利用して冷やすため除湿ができません。 水タンクの形状 冷風機はエアコンと同様に結露によって水が出るため水タンクが備えられており、取り外しやすく水が捨てられるようになっています。 一方で冷風扇は水を使って冷やすため、水の投入口があるものの水タンクを取り外して水を捨てやすくはなっていません。 価格帯が異なる 冷風扇は1万円以下の製品がありますが、冷風機は2万円以上の価格帯。 消費電力、電気代が異なる 扇風機に近い冷風扇の消費電力は数十W程度なのに対し、コンプレッサーを搭載した冷風機の消費電力は10倍程度の数百W。 音が異なる 冷風扇は扇風機のように音が小さく、一方の冷風機はコンプレッサーを搭載しているため、動作させると冷蔵庫のようなコンプレッサー音がします。 表記が異なる 冷風機は、エアコンと同じく「冷房能力」か「除湿能力」の表記があります。 穴の数が多い 冷風機はその構造上、最低でも3つ 吸入口が冷風・熱風共用の場合 の通気口が存在します。 冷風扇を効果的に使う方法 さまざまなメリットやデメリットがあることが分かったところで、冷風扇の効果的な使い方を理解しましょう。 適材適所が重要です。 広い場所では使わない 冷風扇の基本的な使い方は、涼しい風に当たるというもの。 そのため人が動き回ることが多い広い部屋では、風に当たりにくく効果が半減してしまいます。 個室や寝室など、あまり人が動かない場所での使うほうが効果的です。 部屋全体に冷やすエアコンのような使い方ではなく、自分だけ局所的に冷やすものと考えて利用しましょう。 部屋を閉め切って使わない 冷風扇は、気化熱を利用して涼しい風を生み出すため、使っていると水分が蒸発して湿度が上がります。 部屋を閉め切った状態で冷風扇を使えば、湿度が上がり結果的に不快な状態となります。 部屋の通気がしっかりしていれば、湿度は部屋の外へと逃げるため湿度を抑えつつ涼むことができます。 また湿度を上げないことは、冷風扇の効果を高めるうえでも重要なポイントです。 湿度の高い場所や時期には使わない 気化熱を使う冷風扇の性質上、湿度の高い場所では冷房効果を得にくくなります。 そのため湿度の高い場所や時期に使うのは控えましょう。 エアコンや除湿器と併用する 冷風扇の一番のポイントは湿度の上昇ですが、加湿器を併用することで湿度問題を解決することができます。 また冷風扇が扇風機に近いものだと考えれば、エアコンとの併用も効果的。 エアコンの設定温度を上げて、冷風扇で涼むこともできます。 冷風扇に氷を使う 冷風扇には、氷を使える製品もあり、氷を使うことでより涼しい風を作り出すことができます。 この方法では、氷によって冷えた水がフィルターを通る風をより冷やし、非常に冷たい風を出すことができます。 ただし効果は一時的。 氷が解けてしまえば効果はなくなるため注意が必要です。 冷風扇の選び方のポイント 冷風扇を選ぶ際には、どのようなポイントを重視すればいいのでしょうか。 間違った冷風扇を選ばないようにするためにも、冷風扇の選び方のポイントを知っておきましょう。 性能 おなじ風を送り出す家電である扇風機と同じように基本的には、送風能力の高さが重要になります。 送風能力が高ければ、涼しい風をより遠くまで運ぶことができます。 送風能力が高い冷風扇は、水の蒸発スピードを上げることもできるため総合的な冷房効果も高まります。 また、やわらかい風が遅れる冷風扇なら、風を直接体に当てていても疲れることがありません。 性能をしっかりと見極めて冷風扇を選びましょう。 機能 冷風扇には、風を送るだけでなくさまざまな機能が搭載されたものがあります。 氷を使って冷水で空気を冷やせるもの、リモコン操作ができるもの、水切れを知らせてくれるもの、タイマー機能などさまざまです。 機能が多ければ多いほど便利になる一方で、使わない機能を搭載している冷風扇を選んでも機能がムダになるだけでなく値段が高くなり操作が複雑になるため使い勝手も悪くなってしまいます。 多機能な冷風扇なら、自分に合った使い方ができます。 機能が豊富でありながら自分に必要な機能を備えている冷風扇を選びましょう。 サイズ 冷風扇は簡単な構造のため軽量で持ち運びができます。 そのため基本的には持ち運びすることを前提に作られています。 コンパクトサイズの製品なら、持ち運びが楽になります。 その反面、給水タンクの容量が小さくなり頻繁な水の補給が必要になります。 移動する頻度と移動の容易さ、さらには設置スペース、パワー、給水タンクの容量などを総合的に考えて、使い勝手のよい冷風扇を選びましょう。 給水タンク 冷風扇はタンクに給水する必要があり、水がなくなれば給水しなくてはいけません。 給水タンクの容量が多ければ給水回数を減らすことができるため利便性が高まります。 また給水タンクの形状も重要で、給水タンクの形状が計算されていて使いやすければ給水がスムーズに行えるようになります。 冷風扇に給水タンクを取り付けるときにも水をこぼす心配がなくなります。 給水タンクは汚れやすいため、洗いやすさも考慮しておきたいところです。 給水タンクの容量や形状にも着目して冷風扇を見てみましょう。 静音性 寝ているときなどに使うことが多い冷風扇は、静音性も重要なポイントです。 運転音が大きな冷風扇は、寝ているときにはもちろんのことテレビを見たり音楽を聴いているときにも音が気になってしまいます。 構造的にファンが内部にあるため普通の扇風機よりも音は静かですが、快適に使うためにもできる音の小さなものを選んでおきましょう。 手入れのしやすさ 冷風扇はどうしても水やフィルターが汚れることでカビが発生しやすい家電です。 そのため手入れのしやすさは重要です。 フィルターや水タンクが取り外して丸洗いできるものを選べば、カビ臭さを抑えることができます。 またキレイな風が出せれば衛生的でもあります。 パーツの取り外しや組み立てが容易で、洗剤で洗っても問題のない素材を使っている冷風扇は手入れがしやすくなります。 清潔で臭くない冷風を浴びたければ、できる限り簡単に手入れができる製品を選びましょう。 デザイン 冷風扇はタワー型でスタイリッシュなデザインのものが多く、オシャレな家電でもあります。 タワー型など高さのある冷風扇も多く、またリビングルームなど人の目につく場所に設置される家電でもあるためデザイン性は非常に重要になります。 デザイン性が高ければ見ているだけでも楽しい気分になり、愛着を持って長く使うこともできます。 部屋のデザインに合ったオシャレなものを選びましょう。 価格 扇風機と同程度で冷房装置としては低価格の冷風扇ですが、できるだけ値段の安い製品を選びたいとこです。 ただし価格が低ければ性能や機能が限定されている傾向があり、ただ値段が安いだけでなくバランスの取れた製品選びも重要になります。 冷風扇のオススメ人気ランキング ここからはエアコンと併用しても高い節電効果を発揮してくれる冷風扇のオススメ人気ランキングです。 性能、機能、デザイン性、価格、口コミ評価などからランク付けしています。 7位:ショップジャパン ここひえ 冷風扇 持ち運ぶことができる携行性に優れた冷風扇です。 本体が非常に軽量でコンパクトなため持ち運ぶことが容易でデスクの上に置いて使用することも可能。 オフィスではパーソナルのエアコンとして大活躍してくれます。 低騒音ファンを採用したことで静音性に優れており、眠るときにも大活躍してくれます。 連続8時間の運転が可能で、1日中使うことがか可能。 自分で変えられるLEDムードライトを搭載しており、デザイン性にも配慮されています。 USBで給電することができるため、コンセントだけでなくパソコンからも電力を供給することができます。 コンパクトでデスクの上に置いて使いたくなる冷風扇。 エアコンのない場所や熱気のこもりやすい場所でも大活躍してくれる冷風扇です。 昔の冷風扇と比較して明らかに水を蒸発させる機構が進化しておりガッツリと気化熱で冷えた風が出てくる。 2台あれば個室ならエアコンはいらないほど。 気化熱を利用しているため十分に効果を発揮するには部屋が乾燥している必要がある。 なので結局はエアコンによる除湿併用が前提となるのだがそれでもサポートの冷却にはとても機能的で効果的だ。 車中泊などでもUSB電源で動くので使いやすくそういった需要もあるようだ。 惜しむらくは水の容量がとても少ないこと。 水を入れる部分は取り外し可能で使い勝手はいいのだがだいたい30分~1時間程度で水が無くなるため面倒なところもある。 ・電気代が安くあまりにもコスパが良さそうなので購入してみました。 1番気になるところで「どのくらい冷たい風を与えてくれるの?」でしたが、ちょっとだけ期待してスイッチ押したら「こんなもん~?」って最初は思いました。 とりあえずパソコンに接続しながら作業してみましたが、自分のいる空間は冷えますね。 私の周りだけピンポイントで。 しかも風量弱の風が出てるのか分からない程度でも時間がたてば体温が下がるのを実感。 結構使えそうです。 夏のほんとに暑い時にどれだけ効果があるのか楽しみで、電気代が安いので惜しげもなく使ってやろうと思ってます。 使い勝手は良いと思いますが、内部の底に水を貯めてからフィルターで吸い上げる仕組みなので、傾けると簡単に水漏れします。 ただし漏れるだけで故障はしないし水なのでそこまで気にしてません。 そよ風程度。 扇風機の弱程度の風。 とは言っても最大でとても静かなドライヤー程度。 いや、こんな静かなドライヤーなんてないかな?ぐらいでそこまで不快音ではありません。 一応移動できるのもポイントなのでハンドルがついてたらなお良かったです。 あと、最初に給水セットした時は内部に半分以上吸い込まれますが、満タンの状態にしておくと就寝中くらいは問題なく稼動してくれます 弱モードで。 ・至近距離で使える人なら、充分冷たい冷気が来ますので、扇風機との併用で夏を乗り切れるかと思います。 本当に至近郷里で素肌をあてると、肌がしびれるほど冷えます。 自分は、枕もとに置いて、扇風機と併用で使う予定です。 追記 お水交換ですか、30度超えた室温だと、中で2時間、強で1時間しか持たない感じです。 近くにペットボトルは必須かと思います ・小型のサーキュレーターと併用しています。 風量を強くすると音が大きくなってしまうので、こちらは風量を弱にして使用しています。 本当にピンポイントでしか冷えないけど、自分だけ使うのでこれで充分快適です。 昔の冷風機みたいなのとは別格ですね。 しっかり冷たい空気が出ます。 タンクが小さくて水は早くなくなりますが、そのかわり給水がすごく楽。 手入れも楽。 操作の間違えようがないくらい、シンプル仕様がとてもありがたいです。 贅沢を言わせてもらうなら、照明の設定が、電源を抜き差しするたびに元に戻ってしまうのが面倒。 照明のON・OFFが1回でポチっと済めばもっとよかったかな。 6位:タンスのゲン 冷風扇 48097 やさしい冷風で癒してくれる冷風扇です。 かなり高さのある大型の冷風扇となっており、やさしい冷風でしっかりと体を冷やすことができます。 給水タンクに水を入れるだけで冷風を出すことができますが、さらに付属の保冷剤を使うことで冷たい風を生み出すことができます。 風量調節だけでなくスイング機能やタイマー機能も搭載している多彩な機能を兼ね備えた冷風扇となっており、より細かく思い通りの設定で運転することができます。 マイナスイオンを放出する機能まで搭載されているためリラックス効果を高めることができます。 給水タンクも大容量になっており最大38時間の連続運転が可能です。 リモコンが付属しているため離れた場所からでも操作が可能。 利便性に優れています。 活性炭フィルターによって常に清潔な風を送ることができます。 抗菌機能と防臭機能を兼ね備えているため臭いが気になる人も安心です。 充実した機能を兼ね備えた冷風扇。 タイプの違う冷風扇も用意されているため好みの冷風扇を選ぶことができます。 口コミの評判 ・寝室に置きました。 朝まで涼しく安眠できています。 ・お風呂場ように使用中。 お風呂上がりも涼しくて快適。 氷が入れられてお手入れ楽。 ・とても涼しいです。 氷入れてキンキンにしてます。 クーラーは高いし子供部屋に置いてます!扇風機はぬるくなるけどこれは大丈夫そうですね! ・水タンクにペットボトルで凍らせた水を入れると結構長時間冷風がでます、就寝時は音がもう少し静かだといいなと思います。 5位:アルファックス・コイズミ AL COLLE 冷風扇 ACF210 アルファックス・コイズミの冷風扇です。 高さのある冷風扇で重さは4. 5㎏と冷風扇としては軽めとなっています。 軽量なのに加えてキャスター付きのため、より簡単に動かすことができます。 タンク容量は4リットルとしっかり確保されています。 また水を冷やす保冷パック付きですが、給水口が広いため普通の角氷も入れやすくなっています。 風量3段階切り替えに加えて、ノーマル、スリープ、リズムの3種類の選べるモードを搭載。 状況に合わせた最適な風を送ることができます。 左右の自動首振り機能、さらに手動で風向きを上下に切り替えることができるルーバー付きで、自由に風向きを調節可能。 リモコン付きで遠隔操作ができ、1~9時間のタイマー付きで就寝時も安心です。 価格は1万円前後ですが、使い勝手の良さが光る冷風扇です。 口コミの評判 ・水のみを入れるだけでは冷たい風は出てきません。 大量の氷と備え付けのアイスパックを凍らせて入れる必要があります。 ・風量が弱くて風の範囲も狭いので、風呂上がりに一気に冷すような使い方には向いてないと言うか無理です。 気化熱で冷すといっても本当に暑いときは無力でした。 ・場所をとらず、簡単に移動できる扇風機として使用。 とてもいい! ・「冷風機はあまり効果がない」というレビューもいくつかみられましたが、北海道の夏を乗り切るには十分だと思います。 ただし、水のみを入れるだけでは冷たい風は出てきません。 大量の氷と備え付けのアイスパックを凍らせて入れる必要があります。 ちなみに寝室は6畳程度です。 4位:テクノス スリムタイプ冷風扇 TCW-010 テクノスのスリムタイプ冷風扇です。 この冷風扇の特徴は、遠隔操作可能なリモコンと専用の保冷パックが付属しているところ。 保冷パックを使うことで水を冷やして効率的に冷風を作り出すことができます。 首振り機能はもちろん、3段階の風量調節が可能。 必要な場所に必要な風を送ることができます。 水タンクは、容量3. 8リットルと大容量で、クリアタイプのため中の水が一目瞭然。 抗菌加工が施されているため清潔で、取り外すことができるため吸水・排水だけでなく手入れも簡単にできます。 また給水フィルターも取り外しができ、丸洗いできるため手入れが簡単です。 値段も比較的安く清掃しやすいため、冷房性能と衛生面を両立しているため高評価となりました。 口コミの評判 ・クーラーで寝るのが苦手で思い切って買いました。 アイスパックはすぐ溶けるので水だけでも十分冷えるのでペットボトル2L2本にいつも水を入れて補給して使いました。 ことしの灼熱の夜っも快適に眠れました買ってよかったです。 ・扇風機より風が心地よいが、保冷材、氷を投入しても水冷の効果があまり感じられない。 ・実際に使用してみると静音で冷風感もあったので測定したところ室温に対し約2度程度低下することを確認しました。 また30度で湿度が高いと冷風モードが解除されるとなっていますがこれも試したところ、室温30度、湿度70%程度まで問題なく冷風は機能しました。 3位:エスケイジャパン フルリモコン冷風扇 SKJ-WM50R2 エスケイジャパンのフルリモコン冷風扇です。 リモコン付きで遠隔操作をすることができ、液晶画面で見やすくなっています。 視認性に優れているため操作性も高まっています。 オートルーバーで首振り運転が可能、風量は3段階でモードも選べるようになっています。 さらにマイナスイオン発生機能まで付いています。 容量3. 8リットルで給水タンクが透明なため水の残量が見やすく、水が減ると水位センサーで知らせてくれます。 また保冷パックで冷風効果を高めることができます。 水が腐りにくい循環式で、抗菌フィルターが採用されているためフィルターが汚れるのを防ぎます。 値段もお手頃で高性能かつ高機能なだけでなくデザイン性の高さも高評価。 選んで失敗がない冷風扇です。 こちらは類似の「SKJ-WM50R」の紹介映像です。 口コミの評判 ・冷風モードは音は大きめです、扇風機で表すと強いモードぐらいです。 チョロチョロと水の音もします。 クーラーを付けている感じぐらい音で、寝れる人は寝れますが、気になる人は寝つけないかも。 ・風量は3段階でリズムモードあります。 スイングモード機能で周りに風もます。 表示がデジタルなのでかっこいいです。 ・非常に使い勝手が良い。 水を入れないと冷風が来ない使用だが、送風と冷風がさほど大差はないもののうるさくないのが非常に良い。 ・説明書は少しゴチャついていますが、給水タンクと更に冷風を送る為の小型タンク(水を入れて凍らせる)の説明を読めば、あとは液晶を見るだけで操作は理解できるものでした。 リモコンにはボタン電池の2025を使うため、買っておいた方がいいかもです。 (付属しません)大きさもかさ張るほどのものでもなく、かといって卓上式のように貧弱なものでもないです。 音も特に大きくはなく、おやすみタイマーもついてお得です。 2位:スリーアップ スリムタワー冷風扇 EFT-1701 スリーアップのスリムタワー冷風機です。 スタイリッシュな丸みを帯びたデザインが特徴的な冷風扇です。 自動首振り設定で左右に風を送ることができ、風量は3段階に切替が可能。 また涼風モード、おやすみ風モード、リズム風モードなど、細かなシチュエーションに合わせた風を作り出すことができます。 水タンク容量は5リットルと非常に多く、水が切れる心配がありません。 リモコン付きで離れていても操作が可能。 冷風と送風のダブルの機能によって、保冷パックを使って冷たい風を出す冷風扇としてだけでなく、水を入れずにタワー型扇風機としても使うことができます。 低価格に加えて電気代も1時間あたり1円程度とランニングコストが安く、デザイン性の高さと細かな風を作り出せる機能性が魅力の冷風機。 デザイン重視なら選択肢に入れておきたい冷風機です。 口コミの評判 ・左右に振るのは良いけど、上下にも風移動があれば満点と言っていました。 来夏シーズン必要なら我が家にも、もう一台購入となればこの商品を購入するでしょう! ・クーラーは部屋全体を冷やすため室温が下がり過ぎになり易いですが、この冷風扇ですと、部屋の温度はあまり変わらず体に冷風を感じるので年寄りには最適です。 ・場所取らずで、タイマーが長く、マイナスイオン、割と風量があり、涼しく、さらに電気を気にしなくてよい。 ・例年ならもう使わなくてもいい冷風機ですが、今年は猛暑だった為、今も使ってます。 冷蔵庫で出来た氷も入れて使えるので、とても便利で冷たい風が気持ちいいです。 1位:山善 冷風扇 FCR-D405 山善の性能、機能、価格のバランスが非常に優れた冷風扇です。 必要十分な性能と機能に加えで手軽に購入できる価格設定が秀逸な冷風扇となっており、難しいことを考えずとりあえず1台冷風扇を買っておきたいと思っている多くの人が選ぶべき冷風扇でもあります。 3段階の風量調節に加えてオートルーバーで左右に冷風を送ることができます。 手動で上下にルーバーを動かせるため、あらゆる方向に冷風を届けることができます。 リズム風機能やおやすみ機能も搭載されており、思い通りの使い方を実現することができます。 8時間の切タイマー機能も搭載されているため、寝室での使用にも適しています。 結露水トレイ付きで水タンクの容量は2. 5リットルと十分になっています。 給水回数も最小限に抑えることができます。 簡単な構造を採用したことで手入れもしやすくなっており、水タンクは上から注いで給水することができ、着脱式フィルターは取り外して洗うことができます。 リモコンも付属しているため離れた場所から操作が可能です。 必要十分な性能と機能に加えて選びやすい価格を実現している冷風扇。 どの冷風扇を買えばいいのか分からず迷っているならとりあえずこの冷風扇で決まりです。 口コミの評判 ・室内が29度の現在でもエアコン無しで行けます。 静音性はよくありませんが、窓用エアコンと対して変わらないかもしれません。 なれてるなら、大丈夫。 タンクに500ミリリットルほど水を入れてますが、朝には水はほぼゼロです。 保冷剤を入れれば風はやや冷えますが、タンクとフィルターの形状から、最適なものを探すのに骨が折れます。 おすすめは500ミリのアイボーイというポリ瓶です。 水を入れて凍らせば立派な保冷剤の出来上がり。 (二本ほど入ります。 )難点は、フィルターの手入れをしないと風が臭うこと。 本体から外して立てかけるだけでもいいので、使わないときはしっかり乾かしましょう。 あと、フィルター以外のファンなどの掃除がしにくい。 (改良機の登場を期待します) ・ルーバーより首振りがあった方が、すごくいいです。 とっても静かです。 スイッチがOFFの時、電源ボタンがホタル点灯しているのは、些細なことではあるけれど、とっても便利です。 我が家は漆喰壁なので、湿度は気になりませんが、水は案外消費します。 ・質感がいい。 水を冷水にして保冷剤とか入れると、明らかに扇風機より涼しい。 扇風機は生ぬるい風をかき混ぜるだけだけど、これは違う。 温度が低い。 台に載せて顔の高さにしてるけど、足元用にもう一台欲しい。 そうすればたぶんエアコンいらない。 どのみち至近距離で使うので、リモコンは要らないのですけど? ・風量を最大にすると充分な風量が出るので良いです!エアコンと組み合わせて使って大満足です!冷風扇は初めて購入しましたが、デザインも良く大満足でした。 音に関しても静かで全く気にならない程度でした。 カテゴリー記事一覧• 398• 117• 867• 461• 141• 139• 146• 147• 239• 210•

次の