クヘソン 離婚。 女優ク・ヘソン、離婚理由は“夫の共演女優との浮気”と主張&結婚生活のルール暴露

女優ク・ヘソン、離婚攻防「とても幼稚で恥ずかしい」…心境打ち明ける

クヘソン 離婚

女優ク・ヘソンとの離婚騒動が持ち上がったが、出演予定のMBC新ドラマ「瑕疵ある人間たち」には影響がないことが確認された。 アン・ジェヒョンは11月放送予定の同ドラマを通じて、約1年ぶりにドラマに復帰する。 しかし、ドラマ復帰に先立ち、妻ク・ヘソンが不仲に言及。 ク・ヘソンは18日、自身のSNSに「倦怠期に心変わりした夫は離婚を望んでいて、私は家庭を守ろうと思っています。 来週、夫側から報道記事を出すとしていますが、全く事実ではないことをお知らせします」と明かしたのだ。 さらに、ク・ヘソンはアン・ジェヒョンと交わしたメール内容まで公開。 アン・ジェヒョンは「すでに合意されたものだし、書類だけが残っている」とし、ク・ヘソンの母には電話で話をすると話したが、ク・ヘソンは「結婚するとき、説得したように、離婚の説得も責任を持ってしてほしい」と返した。 よって、アン・ジェヒョンの今後の活動について、関心が寄せられている状況。 OSENの取材結果、アン・ジェヒョンの「瑕疵ある人間たち」出演には影響がないものと確認された。 同ドラマ側の関係者は「アン・ジェヒョンとク・ヘソンの不仲は個人的なことであるため、出演に関して、議論したり、確認中のものはない」とし、「今後の状況について、様子を見ている」と明かした。 アン・ジェヒョンとク・ヘソンは2015年、KBSドラマ「ディア・ブラッド~私の守護天使」で共演したのがきっかけで恋人に発展し、ゴールインした。 挙式費用は全て寄付するなど、芸能界を代表するおしどり夫婦として羨望の的になった。

次の

アンジェヒョンとクヘソンが離婚するって本当?理由や原因も!

クヘソン 離婚

お酒に酔って女性たちと連絡をしていたという偽りまで出てきてしまった以上、黙っていることが出来なくて文章を残すことにしました」と投稿。 彼はク・ヘソンとの結婚生活に対して「この3年間の結婚生活は幸せでしたが、精神的に手に負えない時間でした」とし「7月30日に離婚の合意をしました」と明らかにした。 さらに「帰責事由 法的に責任を負わせる事由 があるからではなく、経済的に援助をしたくて離婚の合意金まで支払いましたが、金額が足りないとク・ヘソンがアパートの所有権まで要求しました」と主張。 特にアン・ジェヒョンは「8月9日の夜、彼女は私が一人で過ごしていたオフィステルの警備員に鍵を無くしたと嘘をつき、スペアキーをもらって入ってきました。 私には無断侵入でなく妻として入ってきた」と話し、私の携帯電話を検索して録音をし始めました。 当時、寝ていた私はこのような突然の行動がとても恐ろしかったです。 その日の夜、これ以上結婚生活を維持することがお互いにとってさらに傷になることだと思い、離婚に対する決心を固めました」と強調した。 最後に彼は「私は結婚後1年4ヶ月で精神科の治療を受けてうつ病の薬を服用しています。 結婚生活を通じて夫として最善を尽くし、恥をかくような事はしたことがありません」とし「私たちの個人的な問題で被害を受けた所属事務所、放送当日に被害を受けた番組関係者の方々、ドラマの現場の関係者の方々に本当に申し訳なく思っています。 このような事で傷ついている妻に対しても申し訳ないけれど、理解に苦しみます」と付け加えた。 お酒が好きだった彼は、徐々に状態が良くなると、酒に酔って女性たちと通話していました。 その状況を私の目で確認し、私の耳で聞きました」と強調。 また「オフィステルは、別居用ではなく演技に集中したいという彼の話を尊重し、私の許諾のもとで得た空間なので、私にもそちらに訪ねて行く権利があります」と伝え、最後に「私は家に住む幽霊でした。 あなたが愛した女性はゾンビになりました」と切実な心情を吐露した。 二人のやり取りを目にしたネットユーザーたちは 「もう二人だけでやり取りしてほしい」 「いつまでこの攻防を見届けるのか.. 」 「似た者同士で結局仲良くみえるけど」 「メンヘラの雰囲気が漂っています.. 」 などの反応を寄せて、二人の攻防をそっと見届けている。 ク・ヘソンとアン・ジェヒョンは、2015年KBS 2TV「ブラッド」で出会い、実際の恋人に発展し、2016年に結婚。 しかし最近、ク・ヘソンがアン・ジェヒョンとの不仲を暴露して、結婚3年で離婚の危機に置かれ、現在二人は別居中であることが分かった。

次の

ク・ヘソンの暴露に混乱.. 事務所側の主張と食い違う離婚説に真実は?

クヘソン 離婚

女優ク・ヘソンが、離婚訴訟中の夫アン・ジェヒョンとの結婚生活について回想した。 「女性東亜」は26日、ク・ヘソンとの単独インタビューを公開した。 このインタビューでク・ヘソンは、離婚のニュースが報道された当時を回想し、「両親はニュースが報道された時、私が死ぬと思ったと言っていた。 普段の私は怒るタイプではないのに、とても攻撃的になっていた。 (今まで)しなかった行動をするから、家族がみんな驚いて心配していた」とし、続けて「病院に1ヶ月ほど入院して、相談も受けて、今は心が静まった」と近況を伝えた。 それとともにク・ヘソンは、アン・ジェヒョンとの結婚に反対していた両親の話を伝えた。 「母は、結婚したら自分の人生を生きるのが大変だから、私は自分の仕事をしながら旅行にも行って、自由に生きることを望まれた。 あの人(アン・ジェヒョン)が挨拶しに来た時も、『生活しながら愛が冷めることもあり、大変なことも多いけど、そういうことをちゃんと一緒に乗り越えることができる人なのか、もう少し時間をかけて経験してみたほうが良いんじゃないか』と言われた。 でも、このようなことが起こって、結局は私の選択だったから、『私は何を間違ったのだろう。 どこから間違ったのだろう』というようなことを考えるようになった」と打ち明けた。 続いてク・ヘソンは、アン・ジェヒョンとの結婚生活についても回想した。 ケンカすることもなく、お互いが嫌がることをあまりしなかった。 でも夫の行動が変わり始めたのは、ドラマの主人公にキャスティングされてからだったと思う。 運動しなければならないと、朝早く家を出て行って、夜遅くに酔って帰って来たりした」とし、続けて「6月にあの人がオフィステル(事務所としても住居としても使える施設)を借りて出て行った後、1ヶ月連絡がうまく取れなかった時も、ただ単に一人で集中して練習する時間が必要なんだと考えた。 ところが1ヶ月ほど経って、自由に生きたい、離婚しようと言われた」と明かした。 アン・ジェヒョンから初めて離婚の話を聞いた時、どのような心境だったのか尋ねると、ク・ヘソンは「私は結婚してから(放送の)仕事をあまりしていなかった。 夫の仕事が多くなり、誰かが家事をしなければならなかった。 夫が前進する間、私は後戻りして、捨てられたという感じがした」とし、「初めて2人で会った時は、私が先輩であり、あの人は私を尊重してくれた。 家事はとても大変なのに完全に無視されているようで、捨てられるような感じがした」と吐露した。 これまでク・ヘソンはアン・ジェヒョンとの離婚の過程をSNSを通じて伝えてきた。 ク・ヘソンは、自分の行動について「正気ではなかった。 私に対する悪質なコメントや嘲笑に一度も腹を立てたり怒ったことはない。 深刻になったら負けると思ったので、そのようなことがあっても笑って済ませてきた。 でも、今回はそれが崩れた」とし、「大抵のことは笑って済ませることができるが、離婚をどのように愉快にすることができるのか。 私は付き合っていた男性に別れを告げられたのではなく、家族に捨てられたのだ。 だから辛いと悲鳴を上げた。 私とあの人が同じ所属事務所であるにもかかわらず、事務所が一方的に1人(アン・ジェヒョン)の味方についたので、私としては自分の立場を知らせる他の方法がなかった」と明かした。 またク・ヘソンは、自分に好意的ではない世間の声を認知して、「誤解される部分もあり、悔しい部分もあるが、仕方ない。 いつかはすべて明らかになる。 あの人も悔しい部分があると思う」と答えた。 最後にク・ヘソンは、離婚訴訟にどのように対応していくのかという質問に「離婚はしなければならない。 あの人は再び私に会うことはないと思う。 何よりも、あの人が私との私生活を事務所と相談した部分は、受け入れ難い」と断固とした立場を見せた。 ・ ・ 外部サイト.

次の