ほっとする。 ほっとするー

「ほっとする」と「安心する」の違いについて

ほっとする

Contents• 明るく笑顔が素敵 一緒にいるだけ思わずほっとする人。 まずはどのような人物であるかイメージすると特徴が掴めます。 例えば悪口や暴言を吐き、常にイライラしている態度を見せるような人はどうでしょうか?ほっとする人とはかけ離れている存在でしょう。 では明るい性格で楽しいトーク展開をして、笑顔が素敵な人物。 こちらは一緒にいるだけ落ち着いてきそうな感じがするはずです。 ほっとする人と言えるでしょう。 つまりネガティブ発言ではなくプラスになるような会話、明るい性格やおっとりとした感じがするのが特徴なのです。 ほっとする人の特徴は一緒に居たくなる 人の悪いところばかり叩けばストレスこそ発散されますが、攻撃的な人物になってしまいますし、いつかトラブルを巻き起こしてしまうもの。 そのためほっとする人を目指したいのであればプラス思考を身に付けましょう。 「なぜか一緒にいたくなる」と男性に思わせることができるようになれば恋愛や人間関係も上手くいきます。 余裕のある人物 私達人間にとって心の余裕というのはものすごく大切なこと。 仕事や時間に追われていると、どうしても落ち着きがなくなってしまいます。 ちょっと渋滞や赤信号で止まると「今急いでるんだから!」と声を上げたくなるでしょう。 これは心に余裕のない状態と言えます。 ですが仕事も上手くこなして、それなりに暇がある人物の場合はどうでしょうか。 例え自分の思い通りにならないことがあっても、大して腹を立てることもありません。 イライラして雑な行動を取るような真似もしないのです。 それによって周りからほっとする人を見た時に• あの人は落ち着きがある• おっとり系だけど、ちゃんとしている というイメージを抱きます。 まさに一緒にいてほっとする人と言えるでしょう。 身の回りで落ち着きのある人は、側にいるだけでストレスや悩みから解放されるかもしれません。 また、自分がほっとする人になりたい場合は余裕が生まれるような生き方をしてみてください。 多少問題が起きても「まぁどうにかなる」といった気の持ちようも大切ですよ。 自分と気が合う こちらは身の回りの中でほっとする人を見つける方法。 一緒にいて話が合ったり、同じタイミングで笑ったりする人っていませんか?実はほっとする人の特徴というのは論理的なものばかりではありません。 ほっとする人の特徴は気が楽になる なぜか一緒にいると楽になる、笑っていられる、といった根拠のないタイプもあるのです。 初対面なのに話が盛り上がり、すぐ打ち解けられるのもほっとする人物と言えるでしょう。 直感で「この人いいな!」と思える人がいる場合は、一緒にいる時間を増やしてみてください。 否定せず受け入れてくれる 一緒にいるだけでほっとする人は、何に対しても否定的ではありません。 弱い面を見せてもしっかりと受け入れてくれますし、悩みなどにも耳を向けるのです。 一方、「この人に話したら何を言われるか分からない」なんて思ってしまうような相手は側にいても落ち着けないでしょう。 ほっとする人の特徴は悪い所も受け入れる 人の悪い部分もしっかりと受け入れて、きちんとしたコメントで対処する。 というのもほっとする人の特徴の1つ。 できるようになるのはかなり難しい道のりですが、歩み出せば習得できるものです。 また、身の回りに否定せず受け入れてくれる人がいる場合は、一緒に行動してどんな人間性かを知っていくのも良いでしょう。 なりたい者の真似をするのが成功までの近道!なんて言われてますからね。 裏表を感じさせない 「この人、裏では私のことを悪く思ってそう」。 なんて感じてしまうような相手はほっとする人ではないでしょう。 なぜなら裏表がありそうな印象だからです。 ほっとする人の特徴は落ち着く• 隠し事が多かったり• 自分自身を語ってくれなかったり 時には不満そうな表情をしているはず。 そんな人物は一緒にいても本質が見えてこないので疲れてしまいます。 では裏表がない人物を考えてみてください。 何でも話してくれる、誰と接する時も同じテンション、元気がある、明るい。 などが代表的です。 このように良い意味でギャップを感じさせない人物というのは一緒にいてほっとする人になります。 裏表ない人は心理的に丸裸であり、私はあなたに危害を加えない!と伝わってくるため一緒にいて落ち着くでしょう。 ほっとする人になりたいのであれば、心をオープンにするよう心掛けてみてください。 体を触り合える 一緒にいるだけでほっとする人を思い浮かべると、恋人や親友・家族が挙がるでしょう。 実はこの3つには共通している部分があります。 それが体を触り合えるということ。 けして変な意味ではないので安心してください。 ほっとする人の特徴は心を許せる どうしてボディタッチができる仲だとほっとするのかというと、心理・物理的に距離が近いからです。 それだけ仲が良いということにもなりますし、心を許せる間柄であるとも言えるでしょう。 その他にも名前で呼び合える• 一緒に寝泊まりできる といった距離感も落ち着く人の特徴になります。 まずは絆を深める!というのもほっとする人になる、もしくは見つける上で大切なことなのです。 ほっとする人の恋愛は ほっとする人との恋愛は刺激は少ない事が多いですが一緒に居てもお互いに疲れずに穏やかな恋愛が出来ます。 喧嘩になる事も少なく、喧嘩になっても必ずフォローをしてくれる優しい性格の人にほっとする人は多くいます。 その為に恋愛し結婚しても生涯大事にしてくれる可能性が高いのもほっとする人の特徴と魅力と言えます。 彼氏、彼女にするならほっとする人がオススメです。 一緒に過ごしていても暖かく包み込むような恋愛が出来る事でしょう。 ほっとする人を目指しながら探そう 一緒にいてほっとする人は側にいるだけでさまざまなメリットがあります。 もちろん論理的に分析する人はおらず ほっとする人に対しては• 何となく• なぜか• 関わっていると落ち着く! といった感じです。 そのためほっとする人を探して共に行動をすれば、ストレスも軽減されて豊かな人生になるでしょう。 また、自分が周りにとってほっとする人物であれば求められる存在になります。 恋愛や友情関係も上手くいくので、ぜひ目指してみてください。

次の

ほっとするの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

ほっとする

今回のテーマは、 会うとほっとする人、リラックス できる人の特徴、癒しの心理学 について紹介します。 ストレス社会で世知辛い世の中、 誰もが癒しを求めています。 人脈を広げ、新しい 人間関係を求めるものの、 逆にそれがストレスになり 悩みのタネになったります。 そんな中、 リラックスした雰囲気の中で 誰かと話しをするだけで 苛立っていた気分が収まったり、 落ち込んでいた気持ちが少し 元気になったりすることは 少なくないです。 明日からのチャレンジの 原動力にもなりますし、 心身の健全さを保つ上での 良い意味での息抜きにもなります。 もし誰が会うとほっとする人や リラックスできる人がいれば、 あなたの人生は幸せになります。 しかし、そういう人は 何も特殊な人ではないのです。 例えば、 会社で嫌なことがあると、 そのまま家に帰る気にもなれず、 「行きつけの酒場」に 寄って行こうか、、 となる人も多いのではないでしょうか。 この習慣にもメリットがあります。 会うとほっとする人は特別な人ではない 酒場のマスターや常連客は 特別な人でも心理学をマスターした カウンセラーでもありません。 心を癒すための存在ではありません。 でも、彼らに会うとなぜかほっとしたり、 リラックスできたしします。 店の人や常連仲間に仕事の愚痴を 聞いてもらいたい訳ではないです。 ただ、会社のしがらみの無い人たちと とりとめの無い話しをしているだけで、 ささくれていた気持ちが ちょっとは落ち着きます。 リラックスして自分になれるのです。 仕事で苦労している人の話しを聞いて、 「ああ、この人も大変なんだ、、 やっぱりみんな辛いながらも 頑張っているんだなあ。 私も頑張ろう」 と励まされることもあります。 バカ話で大笑いして、 すっきりと気分が晴れることもあります。 リラックスできる人の特徴 こんなことを書くと、 「それじゃあ、 家にまっすぐ帰ってくれば、 私が話し相手になってあげるのに」 と思う主婦もいるでしょうが、 それは早とちりです。 もちろん 「妻と話しをするのが、 一番のストレス解消」 と言う人もいるでしょうが、 実際にはそういう夫は少数派です。 長年連れ添っている分、 どうしても話題が偏ってきます。 相手の趣味や考え方も分かっているので、 「こちらがこういえば、 こう言う言葉が返ってくる」 と、 会話の流れも見えてきます。 どのような話し方をしようと マンネリの会話になり、 「ほっとする」ような癒しの 効果はあまり期待できません。 もちろん家族は特別な存在ですが、 家の外に気軽に会うとほっとする人や リラックスできる人を持つことは、 精神安定上の大きなメリットがあるのです。 癒しの心理学というのは、 マンネリの中のちょっとした刺激、 刺激の中の適度のマンネリ感、 こうしたバランスの上で 成り立つ繊細な心理学です。 会うとほっとする人がいる人は幸せ だから、家庭でも仕事でも バランスが必要です。 とは言えやはり、 大切な存在が最も癒しの存在、 であることが最高です。 もっと言えば、奥さんに下手に 仕事の愚痴でも言おうものなら、 「あなたなんか、まだ外で 発散できる場があるから良い でしょうけど、私なんか、、」 と、 やぶ蛇になることもあります。 この危険度は、世の夫は 誰でも肌身で感じるのでしょう。 仲の良い夫婦を見ていると、 あきれるくらい 話しが尽きないものです。 いつも笑い声が響く、 お互いに顔を見ると、 「ほっとする」 そういう気持ちなのでしょう。 もちろんこれは理解と尊敬 という前提の上に築いた、 特別な関係なのでしょうが、 「この人とはリラックスして話しが出来る」 そういう人が身近にいる人は 自分を幸運と思った方が良いです。 そして自分も誰かの 癒しの存在になれれば、 素晴らしい人間関係が構築 できるでしょう。 「自分は幸運だ」と 思って生きていれば、 さらなる幸運が舞い込んでくることも 良くある話しです。 癒しの心理学を踏まえた上で、 人生を豊かにしていくことが、 厳しい時代を勝ち抜く 秘訣であったりします。 まずは身近に癒しの存在を 作っていきましょう。 それがいちばんの近道です。 しかし、それほど 深く話さない相手でも 会うとほっとする人、リラックス できる人を生活のどこかに持って おくことも大切なのではないでしょうか。

次の

「ほっとする」に関連した英語例文の一覧と使い方

ほっとする

今回のテーマは、 会うとほっとする人、リラックス できる人の特徴、癒しの心理学 について紹介します。 ストレス社会で世知辛い世の中、 誰もが癒しを求めています。 人脈を広げ、新しい 人間関係を求めるものの、 逆にそれがストレスになり 悩みのタネになったります。 そんな中、 リラックスした雰囲気の中で 誰かと話しをするだけで 苛立っていた気分が収まったり、 落ち込んでいた気持ちが少し 元気になったりすることは 少なくないです。 明日からのチャレンジの 原動力にもなりますし、 心身の健全さを保つ上での 良い意味での息抜きにもなります。 もし誰が会うとほっとする人や リラックスできる人がいれば、 あなたの人生は幸せになります。 しかし、そういう人は 何も特殊な人ではないのです。 例えば、 会社で嫌なことがあると、 そのまま家に帰る気にもなれず、 「行きつけの酒場」に 寄って行こうか、、 となる人も多いのではないでしょうか。 この習慣にもメリットがあります。 会うとほっとする人は特別な人ではない 酒場のマスターや常連客は 特別な人でも心理学をマスターした カウンセラーでもありません。 心を癒すための存在ではありません。 でも、彼らに会うとなぜかほっとしたり、 リラックスできたしします。 店の人や常連仲間に仕事の愚痴を 聞いてもらいたい訳ではないです。 ただ、会社のしがらみの無い人たちと とりとめの無い話しをしているだけで、 ささくれていた気持ちが ちょっとは落ち着きます。 リラックスして自分になれるのです。 仕事で苦労している人の話しを聞いて、 「ああ、この人も大変なんだ、、 やっぱりみんな辛いながらも 頑張っているんだなあ。 私も頑張ろう」 と励まされることもあります。 バカ話で大笑いして、 すっきりと気分が晴れることもあります。 リラックスできる人の特徴 こんなことを書くと、 「それじゃあ、 家にまっすぐ帰ってくれば、 私が話し相手になってあげるのに」 と思う主婦もいるでしょうが、 それは早とちりです。 もちろん 「妻と話しをするのが、 一番のストレス解消」 と言う人もいるでしょうが、 実際にはそういう夫は少数派です。 長年連れ添っている分、 どうしても話題が偏ってきます。 相手の趣味や考え方も分かっているので、 「こちらがこういえば、 こう言う言葉が返ってくる」 と、 会話の流れも見えてきます。 どのような話し方をしようと マンネリの会話になり、 「ほっとする」ような癒しの 効果はあまり期待できません。 もちろん家族は特別な存在ですが、 家の外に気軽に会うとほっとする人や リラックスできる人を持つことは、 精神安定上の大きなメリットがあるのです。 癒しの心理学というのは、 マンネリの中のちょっとした刺激、 刺激の中の適度のマンネリ感、 こうしたバランスの上で 成り立つ繊細な心理学です。 会うとほっとする人がいる人は幸せ だから、家庭でも仕事でも バランスが必要です。 とは言えやはり、 大切な存在が最も癒しの存在、 であることが最高です。 もっと言えば、奥さんに下手に 仕事の愚痴でも言おうものなら、 「あなたなんか、まだ外で 発散できる場があるから良い でしょうけど、私なんか、、」 と、 やぶ蛇になることもあります。 この危険度は、世の夫は 誰でも肌身で感じるのでしょう。 仲の良い夫婦を見ていると、 あきれるくらい 話しが尽きないものです。 いつも笑い声が響く、 お互いに顔を見ると、 「ほっとする」 そういう気持ちなのでしょう。 もちろんこれは理解と尊敬 という前提の上に築いた、 特別な関係なのでしょうが、 「この人とはリラックスして話しが出来る」 そういう人が身近にいる人は 自分を幸運と思った方が良いです。 そして自分も誰かの 癒しの存在になれれば、 素晴らしい人間関係が構築 できるでしょう。 「自分は幸運だ」と 思って生きていれば、 さらなる幸運が舞い込んでくることも 良くある話しです。 癒しの心理学を踏まえた上で、 人生を豊かにしていくことが、 厳しい時代を勝ち抜く 秘訣であったりします。 まずは身近に癒しの存在を 作っていきましょう。 それがいちばんの近道です。 しかし、それほど 深く話さない相手でも 会うとほっとする人、リラックス できる人を生活のどこかに持って おくことも大切なのではないでしょうか。

次の