沖縄 台風 2019。 【沖縄台風過去データで安心旅行時期が分かった!】

【8月】沖縄旅行まとめ。過去5年間の天気(雨の日)・台風・イベント・値段など

沖縄 台風 2019

このページの目次• 沖縄の台風が多い時期は7月8月9月10月で間違いない!? 沖縄旅行や観光計画をたてる時に気になってしまうのが台風の影響です。 沖縄の台風が多い時期や何月にくるのか原因や傾向を調べてみました。 沖縄はなぜ台風が多い? そもそもの原因として、沖縄の熱帯気候があげられます。 春、夏、秋、冬の中でも 特に夏~秋にかけて例年台風が多い月になります。 沖縄も含めた地域にはなりますが、沖縄の下にある南シナ海などの上で特に積乱雲が発生して台風に発展しやすい気候です。 南シナ海などから、梅雨を押し上げるために張り出している太平洋高気圧の淵にそって、発生した台風が進んでいきます。 台風には自走する力はないので、太平洋高気圧の道にそっていくと、沖縄布巾を通ってしまうことが多いんです。 しかし、台風が発生したからといって沖縄本島には影響がないことも実はあるんです。 宮古島や石垣島がある八重山諸島は【台風銀座】と呼ばれるほど、接近数が多いです。 沖縄の中でも特に南(台風の発生場所)に近いため、通過地点になってしまうんですね。 8月や9月にくる台風は、海水が温かくなり【猛烈な台風】になることも多いんです。 風などの威力もかなり強いため、電柱がたくさん倒れてしまい停電被害にあっている。 ということもよくあります。 ホテルから出られないような状態で気象台からも身を守るよう注意の促しがあります。 2018年~2015年の接近回数について グラフにしてみると7月の夏休み、8月のお盆休み、9月の連休にかかることも多いですよね。 台風シーズンが長引く場合は10月も接近していることがありますが、11月をすぎれば接近することもなくなるようです。 5月と6月は台風接近の回数もですが、強さや雨もたいしたことがないんです。 沖縄の台風シーズンは2019年でもあてはまりましたが、2019年10月の台風には沖縄でも被害がでていました。 全国的に台風が上陸する回数が少ない!? 沖縄の台風は、接近する数が多いんですが実は上陸していることは、あまりありません。 気象庁が発表している 【全国で台風上陸が多い県】1位は実は鹿児島県なんです。 順位 都道府県 上陸数 1 鹿児島県 41 2 高知県 26 3 和歌山県 24 4 静岡県 20 5 長崎県 17 6 宮崎県 14 7 愛知県 12 8 千葉県 8 熊本県 10 徳島県 7 その他のランキング上位の県をみてみても、九州の南部に直撃していることが多いとわかります。 沖縄に台風がいつくるか2020年の予想をたててみた 沖縄旅行に行くには台風が来ない時期を見極めるのが必要です。 沖縄には5月か6月に行くのがおすすめ 沖縄に行くとすれば、平年であれば5月か6月がおすすめです。 その理由としては6月、10月は台風が接近してくることも少ないうえに、10月よりも6月の方が接近数が少ないためです。 過去データを見てみると 過去のデータを見てみると、 台風が接近しているのは7月から9月が一番多いです。 次に多いのが6月、10月(特に10月)です。 2020年の台風予想 来年2020年の6月には台風がやってくる可能性が高いです。 という間隔を見ることができます。 しかし、 今年2019年6月には接近していないため2020年にやってくる可能性が高いんです。 少し料金は高くなりますが、ゴールデンウィークをさけた5月下旬か、少し肌寒い11月の沖縄旅行計画をお勧めします。 過去の沖縄への台風の接近時期やデータ 沖縄の台風2018年は6月も11月も接近してた! 接近した回数が多い 2018年は台風の接近回数が2005年からの中でダントツで多いんです。 その数なんと13回にもなります。 2019年の10月時点で接近回数は5回と比べると一目瞭然ですね。 2018年の台風で接近回数が多かったのは7月、8月の4回ずつ。 6月、9月は2回。 10月、11月は一回ずつになります。 発達した台風も多い 【猛烈な強さ】まで発達した台風は7個もあり、観測史上最多を更新しています。 特に台風6号は、与那国島など沖縄周辺で積乱雲なども発達してしまったので、 伊平屋村や伊是名村で50年に一度の記録的な大雨になりました。 降水量は伊是名では312ミリ、粟国では288ミリを観測しています。 統計記録みたら歴代風速が大きかったのは2015年!? 台風が接近しやすい沖縄ですが、統計されている中で特に被害状況が大きかったものがあります。 歴代で風速がすごかった台風は二つ。 1966年の第2宮古島台風の風速80メートル以上です。 宮古島の通信機能が使えなくなり、連絡も取れなかったそうです。 孤立状態で半数以上の民家が損壊し、サトウキビも7割が収穫できなくなりました。 上陸数が、あまり多くなかった 2015年も与那国島で81 M を記録しています。 与那国町全ての世帯約1千戸が停電して、本州よりも耐久性のある沖縄の電柱も27本折れています。 まとめ 沖縄に旅行をするのであれば、5月や6月がおすすめですし、台風が発生したとしても行先によっては影響が少なく旅行も問題なく行えるかもしれません。 8月・9月は特に注意が必要で、飛行機も飛ばず、ホテルに缶詰めになっている可能性も高いので注意しましょう。 【沖縄の台風の関連記事はこちら】 人気の記事!• 6,693 views カテゴリ:• 3,719 views カテゴリ:• 3,608 views カテゴリ:• 3,587 views カテゴリ: ,• 3,051 views カテゴリ:• 2,748 views カテゴリ:• 2,456 views カテゴリ: ,• 2,191 views カテゴリ:• 2,144 views カテゴリ:• 2,101 views カテゴリ:• 1,958 views カテゴリ:• 1,920 views カテゴリ:• 1,913 views カテゴリ:• 1,897 views カテゴリ:• 1,835 views カテゴリ:• 1,820 views カテゴリ:• 1,682 views カテゴリ:• 1,632 views カテゴリ:• 1,614 views カテゴリ:• 1,607 views カテゴリ:• 1,605 views カテゴリ:• 1,599 views カテゴリ:• 1,478 views カテゴリ:• 1,470 views カテゴリ:• 1,466 views カテゴリ:• 1,414 views カテゴリ:• 1,332 views カテゴリ:• 1,214 views カテゴリ:• 1,173 views カテゴリ:• 1,171 views カテゴリ:.

次の

気象庁|沖縄・奄美への台風接近数

沖縄 台風 2019

9月27日に台風のたまごが発生しました。 9月28日 土 台風18号が発生しました。 この台風のたまごは、9月28日には台風18号となる見込みで今後の進路によっては前回の台風17号と同じような進路をたどる可能性が出てきました。 27日時点で翌日の28日 土 には、台風18号になるとされていたので、予想通りですね。 この台風18号は9月に入って6つ目となり、台風の多い8月と9月で見ても例年より多めに発生しています。 さて、台風18号がどのような進路になるのか心配なところですね。 ということで、今回は 『台風18号』の 進路予想や 沖縄に上陸はいつになるのか、 気象庁や米軍の進路予想などまとめてみました。 この記事は、以下の項目でまとめています。 台風18号 ミートク の予想進路は? 28日(土)午前9時、フィリピンの東で台風18号「ミートク」が発生しました。 台風18号は28日午後3時現在、フィリピンの東にあって、時速35キロで北西に進んでいます。 中心気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルとなっています。 この台風は発達しながら北西に進み、強い勢力で沖縄・奄美に接近する見込みです。 沖縄地方では、30日(月)から10月1日(火)にかけて猛烈な風が吹き、海上では猛烈なしけとなるでしょう。 奄美地方でも10月1日には風が強まり、大しけとなるおそれがあります。 台風はその後、勢力を保って10月2日(水)から3日(木)にかけて西日本に接近するおそれもあります。 フィリピンの東側で雲が集まり始め、渦状になっているのがはっきりと映っています。 大気の様子が分かる「Windy. com」の情報も貼っておきます。 台風18号 ミートク 沖縄上陸はいつ? 9月28日19時頃の情報では、 10月1日 火 に沖縄本島地方に上陸する見込みとなっています。 先島諸島では9月30日のお昼から夕方にかけて暴風域になる予想です。 また、天気は29日 日 から崩れる予報となっています。 海も29日から荒れる可能性もあるので、海でのレジャーはなるべくお控えください。 今後も台風の最新情報をチェックしておいて下さい! 台風18号 ミートク のツイートは? ここからは台風18号に関するツイートをご紹介いたします。 — ライブドアニュース livedoornews 発生 フィリピンの東で熱帯低気圧が台風18号になりました。 今後の台風の進路や発達の程度によっては、30日ごろから10月2日ごろにかけて沖縄・奄美や西日本に接近し、海は大しけとなり大荒れの天気となるおそれがあります。 今後の台風情報にご注意下さい。 台風の名前の由来になるぐらいですから、きっと猟奇的な女性だったのかもしれませんね 笑 台風も情勢も牙をむくと正直手が付けられないという点で共通していますね。 命名者の方は女性に何かしらのトラウマがあったのでは??と妄想してしまいますw その他、ミクロネシアの用意した名前には以下のようなものがあります。 イーウィニャ(嵐の神) ソーリック(伝統的な部族長の称号) ムーン(6月) ミクロネシア(伝説上の女神) ソウデル(伝説上の首長の護衛兵) ニパルタック(有名な戦士の名前) ライ(ヤップ島の石の貨幣) ナンマドル(有名な遺跡の名前) グチョル(ウコン) 日本の場合、星座にちなんだ名前をつけていますが、ミクロネシアの場合は、何かしら神話などの登場人物が台風の名前になっているようですね。 台風18号(ミートク)まとめ 9月27日にフィリピンの東側で発生した台風18号は、徐々に発達しながら台風17号と同じ進路を進み始めています。 沖縄への上陸は、早ければ週明けの9月30日ごろと予想されており、海でのレジャーは十分お気を付けください。 また、台風17号よりも勢力が強くなる予想も出ていますので、前回よりもより一層注意を怠らないようにしましょう。 台風が上陸した場合は、不要不急の外出は避けるようにしてください! では、今回はここまで! 最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の

沖縄の台風は本土と違う!?那覇在住の私の台風対策

沖縄 台風 2019

2019年9月19日(木)15時に発生した発生した台風17号は、大型で強い台風から大型の台風となり、23日(月・祝)午前9時には鳥取市の北230キロの海上を1時間に60キロの速さで北東へ進んでいるとみられています。 この台風17号により、九州では22日(日)夜から長崎など6つの県で合わせて15万戸近くが一時停電したほか、倒木などの被害も相次ぎました。 最大瞬間風速は佐賀市で40. 1メートル、福岡市で34. 9メートル、久留米市で32. 4メートルなど各地で非常に強い風を観測しています。 福岡市では強風により倒木や工事の足場が崩れるなどの被害、久留米市では公園の電柱が根元から折れて一時道を塞いでいたということです。 台風17号は、今後、23日には日本海で温帯低気圧に変わり、その後も勢力を保って北東に進み、23日夜から24日未明には北日本を通過する見込みとなっています。 この台風17号による九州・沖縄各地の被害状況は、消防庁によると(9月23日午前7時30分現在)以下のとおりとなっています。 なお、各地で発令されていた避難勧告はすべて解除されています。

次の