バイク 屋 ふぁ ー す と。 中古バイクならSOX(ソックス)へ。全車保証付き。高価買取り

中古バイク販売店(大阪兵庫最大級)エナジーモータースタイル|公式サイト

バイク 屋 ふぁ ー す と

ヤエーとは? ヤエーとは、簡単に言うとピースで挨拶すること。 バイクでツーリング中に、すれ違ったバイク同士ピースマークを送り合ってお互いの安全や健闘を願うというメッセージを送り合うことをヤエーと言います。 ヤエーをされたら基本的にヤエーで返してあげるという流れになります。 とはいえ、名称は無かったものの、こうしたライダー同士の挨拶は昔からありましたよね。 ヤエーの語源 元々は YEAH イェー というものでしたが、それの表記ミスが広まって YAEH ヤエー になったと言われています。 ヤエーのやり方 ヤエーのやり方はいたって簡単。 対向のバイクとすれ違うときにピースマークを送り、逆にピースマークをされたら返してあげるだけです。 どちらが先にやらなきゃいけないという決まりもありません。 実は、ピースマークじゃなくても良かったりします。 ガッツポーズや、平手を上げるだけっていう場合もあります。 要するに「どうも!」といった感じで挨拶が出来れば問題ありません。 ヤエーの注意点 ヤエーをする時は、安全を確認してからにしましょう!ヤエーをするということは片手がハンドルから離れるということなので、十分注意しないといけません。 クラッチ操作中• コーナーリング中• ブレーキ操作中• 路面が悪条件の場合 雨など• 高速走行中 などはヤエーは控えるようにしましょう。 十分安定した状態で安全を確認してからヤエーをするようにしましょうね。 あとは、 ヤエーしたのにヤエー返しをくれなかった!と腹を立てないように笑 色んな人が居ます。 ただ単純にヤエーという文化を知らなかっただけという人もまだまだ多いですし、人によっては 初心者ライダーなど 安全にヤエー返しが出来なかっただけなのかもしれません。 あくまで安全第一で、楽しいツーリング中の一つの要素という風に考えましょう。 ヤエーステッカーというものもある こういったステッカーをヘルメットやバイクの車体に張っているライダーさんも多いですね。 通称 ヤエステと言われています。 このステッカーは色んな種類があり、配布されている場所も様々です。 ツーリングでよくライダーが立ち寄るスポットやお店などに「ヤエステを置かせてください!」とお願いして、ヤエステを広める活動をされている方も多いですね。 わざわざヤエステだけをもらいにツーリングするライダーさんも居ます! 自作しちゃう人もいるそうですよ!なかなか根性ありますよね・・・。 私は自分のバイクやヘルメットには張りたくないですが・・・結構人気のステッカーのようです。 まとめ 昔、バイク乗りたての頃、ヤエーをされたことがありますが、その時は何のことかわからず少々戸惑った挙句無視してしまいました笑。 ピースをしてくる変な人が居た・・・ 程度にしか思っていませんでした。 その後ハワイでハーレーをレンタルして乗っていると、すれ違うアメリカ人ライダーやトラックの運転手が私に向かってピースマークをしてくるので、そこで初めて「ピースって挨拶なんだ!」というのに気づいたのです。 その時は、「アメリカ人ってやっぱアメリカンだなぁ!」という感じに思っていました。 アメリカ人がやるとシックリくるけど、シャイで閉鎖的な日本人相手だと戸惑ってしまうということなんでしょうね。 まあでも、こうした友好的な文化は日本でも広がるのはいいことですよね!今後バイクに乗ってヤエーされたら私もヤエーで返そうと思います! 自分でやりたい方必見!バイクメンテナンスマニュアル 私は正直これ一冊で事足りました。 馬伊久伊蔵 わしゃ、団塊の世代 おじん の単車乗りじゃ。 ヤマハXV750に乗っとる 今の若ぇ衆と違って股下が短いからのぅ、アメリカンじゃ 昔からすれ違うたびに挨拶はしとったぞ。 但し、「ヤエー」と言う言葉ややり方だのなかったぞ。 仲間意識があれば「シャイ」だの「アメリカ人」関係なく挨拶するのが普通だと思うのじゃがのぉ。 今の若ぇ衆は違うのかのぅ?! ——————————————- 「ピースマークじゃなくても良かったりします。 ガッツポーズや、平手を上げるだけっていう場合もあります。 要するに「どうも!」といった感じで挨拶が出来れば問題ありません。 」 ——————————————- わしゃ、敬礼 海軍式 しとったぞ。 わしなりに、カッコいいと思っとったからのぅ ^^V まぁ、みんな無事故で楽しもうではないかい。 バイク人生をな。 中型は2stに限る 今から30年以上前のバイクブームのころ、免許取立てバイク買いたての俺は、 生まれて初めてソロで六甲山に走りに行った。 くねくねと気持ちよくコーナーをゆっくりかわしていると 左コーナーの奥から2台の大きなバイクがピースサインを出してくれた。 考える時間はコンマ数秒。 「ライダーとして認めてもらえた!」 その嬉しさから「すぐに返さなきゃ!!」 慌てて右手でピースを返す。。。 次の瞬間生まれて初めて転倒しました。 何が起こったのかわからなかった。 対向車も後続車もなく、よい教訓になってます 笑 ヤエーは右手でしてはならない! シャイとかの前にひょっとしたら左側通行ゆえにやりにくいのかも?.

次の

中古バイクならSOX(ソックス)へ。全車保証付き。高価買取り

バイク 屋 ふぁ ー す と

勝手ながら8月13日から15日まで全店お休みさせて頂きます。 勝手ながら5月4日から6日まで全店お休みさせて頂きます。 9月23日(秋分の日)は全店営業致します。 8月13日から16日まで全店お休みさせて頂きます。 5月5日から7日まで全店お休みさせて頂きます。 2月11日から13日まで社員研修の為、全店お休みさせて頂きます。 年内は27日まで営業、年始は4日から通常営業いたします。 誠に勝手ながら8月15〜17まで休業させて頂きます。 18日から通常営業します。 年内は28日まで営業、年始は4日から通常営業いたします。 誠に勝手ながら8月14〜16まで休業させて頂きます。 17日から通常営業します。 誠に勝手ながら来月7月より全店火曜定休にさせていただきます。 4日から通常営業致します。 初売りセールは15日迄、ご来店お待ちしております。 年始は4日から営業致します。 当社一押し車両 今、注目の125ccミッション付き車両がズラリ!お任せ下さい。

次の

ハーレーダビッドソン 人気ブログランキングとブログ検索

バイク 屋 ふぁ ー す と

旧車會(きゅうしゃかい)とは、旧車と呼ばれる古いバイクの愛好者による組織、或いは団体のこと。 「會」(「会」の旧字体)を用いるが、「舊」(「旧」の旧字体)は用いないのが表記の特徴。 1970年代から1980年代に製造されたオートバイ(旧車)に乗り、レストア、改造、歓談やツーリング等を行う。 メンバーは社会人が多く、ツーリングは主に休日の昼間に行われる。 所有するオートバイは現在製造していないものが多く、現存しないメーカーのものもある。 他の組織、団体と同様、所有オートバイのメーカーや車種、シリーズや、または改造、レストアの方針、趣味指向を同じくするメンバーで結成される場合もある。 しかし近年は一部の雑誌などの影響により、その傾向が違法改造車による成人版暴走族と化しており、騒音や違法改造、共同危険行為などの交通違反によって社会問題化している。 暴走族が珍走団と呼ばれるのと同様に、旧車會も珍車会と呼ばれることがある。 1970年代から1980年代(あるいはそれ以前)の車両愛好者の健全な集まりである旧車「会」と、違法改造車両で騒音などの迷惑行為を目的とする成人暴走族・旧車「會」とに分かれているのが現状である。 走り屋(はしりや)とは、日本において、高速道路や山岳道路などの公道を、自動車やオートバイで高速に走ることを嗜好する人達を指す俗称。 主に本人らが用いる語であるため尊称に近い意味合いも含む。 警察では、暴走族を大きく二つに分類したうちの一形態「違法競争型暴走族」と定義している。 報道機関などは「ローリング族」や「ルーレット族」、「ドリフト族」などとも呼ぶ。 一部では揶揄する意味で「珍走(団)」と呼ばれることもある。 主として深夜帯において、高速道路や俗に「峠」と称される曲がりくねった山岳道路などで、直線やカーブをいかに高速で格好良く走るかを追求した走行を行う。 しかし公道であるがゆえに、多くの場合に法定速度の極端な超過、場合によっては車両の不正改造などによる違法行為を伴う。 他の一般車や歩行者に危険を及ぼしたり通行の妨げになるほか、近隣住民への騒音被害や道路設備の損壊などが社会問題になっている。 同様の嗜好は、若者にも自動車が普及した国や地域であればほぼ普遍的に見られるが、その文化は大きく異なっているため本稿では主に日本に関して説明する。 ETC(Electronic Toll Collection System、エレクトロニック・トール・コレクション・システム)は、国土交通省が推進する高度道路交通システムの一種、ノンストップ自動料金収受システム。 ノンストップ自動料金支払いシステム」と呼ばれることもある。 日本では一般にイーティーシーと呼ばれ、定着している。 国土交通省はイーテックという愛称をつけているが、ほとんど浸透していない。 有料道路を利用する際に料金所で停止することなく通過できるシステムで、無線通信を利用して車両と料金所のシステムが必要な情報を交換し、料金の収受を行う。 日本以外の諸国でも同様の料金収受システムが構築されているが、本稿では日本のETCについてを記す。 「ETC」、ETCロゴは財団法人道路システム高度化推進機構の登録商標である。 50年目のありがとう。 ホンダのスーパーカブが販売されて半世紀の50年が過ぎ、この名車の魅力は衰えるどころか脈々と新しい世代に愛され続けています。 あなたの愛車であるスーパーカブに乗って行った、お散歩や旅のブログを是非トラックバックしてください。 そしてこのトラックバックの記事から、新たなお散歩や旅などの触発を受けて出掛けたり、交流を通して仲間を作ってツーリングを楽しんだり、ランキング向上の助け合いなどして貰えたらと思います。 トラックバックして下さった記事を張り巡らせたら、日本一周や世界一周になるように広がっていけば、このトラコミュは楽しい旅行記になるでしょう。 このトラコミュをスーパーカブ乗りの集いの場にしましょう。 よろしくお願いします。

次の