手助け 類語。 「手助け」の敬語表現・手助けの使い方と例文・別の敬語表現例

「手助け」に関連した英語シソーラスの一覧

手助け 類語

ご助力の意味や類語や英語 ご助力の意味とは手助けや援助など相手にしてもらうこと全般 ご助力の意味とは、手助けや援助など相手にしてもらうこと全般を指します。 助言や忠告など、こちらのためになるような意見をもらうことも、ご助力に含まれていると考えられます。 手助けのように力を貸すことや、物的援助・金銭的援助など、相手にしてもらうことの形式はさまざまです。 ご支援には、金銭的な援助という意味もありますし、精神的に支えてもらうという意味もあります。 もちろん、力を貸してもらうという意味でも使います。 「日頃より温かいご支援をいただき、誠にありがとうございます」といったように、お礼を伝える文脈で使います。 また、「今後とも変わらぬご支援のほど、よろしくお願いいたします」といったように、「これからも支えてもらえたら嬉しいです」という気持ちを表したり、手助けや援助を求める文脈として使うこともできます。 読んで字のごとく、力を添える、つまり手助けをするという意味です。 「この度はお力添えを賜り、感謝申し上げます」といったように、お礼を伝える時に使います。 また「お力添え願えますでしょうか」のように、手助けや援助を依頼する時に使うこともできます。 力を尽くすことであり、努力するという意味が含まれています。 「先日はご尽力いただきまして誠にありがとうございました」とお礼を伝える時に使うことのできる言葉です。 ご支援・お力添え・ご尽力と3つの類語を紹介しましたが、ご尽力だけは助力をお願いする時には使えない言葉です。 相手に対して努力を強要するのは、失礼にあたります。 力を貸してほしいとお願いをする時には、ご助力・ご支援・お力添えといった言葉を使いましょう。 ご尽力だけは、使い方に気をつけるべき類語です。 「I beg you will help me. 」は、「ご助力願えますでしょうか」という意味になります。 「beg」は「懇願する」「請い願う」という意味であり、直訳すると「手助けを懇願する」となります。 「I appreciate your assistance. 」は、「あなたのご助力に感謝いたしております」という意味になります。 ヘルプやサポートは、日本語でも使われるため、イメージしやすいでしょう。 また、漫画家の助手をアシスタントと呼びますし、手助けすることをアシストするとも言いますので、こちらもカタカナ語として馴染みのある英語だと言えるでしょう。 敬語として使えるご助力の類語について先述しましたが、ご助力も敬語として使える言葉です。 手助けや援助を意味する「助力」に、「ご」という接頭辞がついていますので、目上の人に対して使っても問題ありません。 ビジネスシーンに限ったことではありませんが、助けてもらった時には必ずお礼を言いたいところです。 形式的にお礼を言うのではなく、心から感謝の気持ちを持ち、それを伝えるようにしましょう。 日常生活でお礼を言うように心がけていれば、ビジネスシーンでも言葉遣いを変えれば良いだけで、自然とお礼の言葉が出ます。 ビジネスマナーと呼ばれるものを身につける時に、こう言われたらこう返すと形式的に覚える人もいます。 しかし、手助けしてもらったらお礼を言う、わざわざ来てもらったらお礼を言うというのは、日常生活にも通じます。 正しい敬語を覚える必要はありますが、マナーとしては日常生活と変わらないのだと言えるでしょう。 使い方・例文1つ目とまったく同じ意味ですが、言葉遣いがかしこまったものになっています。 ビジネスシーンでは敬語でお礼を伝える場面が多いため、いくつかの表現パターンを覚えておけると良いですね。 お礼を伝える文脈ですので、ご助力の部分をご支援・お力添え・ご尽力に言い換えても成り立ちます。 感謝申し上げますの部分は、ありがとうございます・感謝いたしておりますといった表現に言い換えることができます。 口頭で伝えるのであれば、ありがとうございますが一般的ですが、文面ならば感謝を使うと良いでしょう。 ご助力とご尽力は、口頭で発音すると聞き間違える可能性があります。 文面で使うのならば問題はありませんが、口頭で使うのならばご支援やお力添えという言葉の方が聞き間違いがなく、発音もしやすいでしょう。 かしこまった表現は、ビジネスメールなどの文面で使う場面に向いていると言えます。 賜物には、「いただいたもの」という意味の他に、「人から受けた恩恵」や「試練などの結果得られた成果」という意味があります。 「ご助力の賜物でございます」は、「今の成果があるのはご助力があったおかげです」という意味になります。 良い成果が得られた時に、「努力の賜物」という言葉が使われます。 努力を重ねて試練などを乗り越えた結果、良い成果が得られたという意味です。 事業がうまくいくなど、良い成果が得られた時には、自分の実力を過信することなく、周囲の支援や協力に感謝する気持ちを持ち続けたいところですね。 下記の関連記事には、お陰様でという言葉の意味について書いてあります。 ご助力やご支援などと同じように、周囲に対して感謝の気持ちを持ち、お礼を伝える文脈で使われることの多い言葉です。 どちらも「あなたの力を私に貸してください」とお願いする表現です。 手助けや援助をお願いする場合に「ご助力ください」という表現も使えますが、できるだけ押し付けがましくならないように気をつける必要があります。 「ご助力ください」「ご助力願います」と言い切ってしまうよりも、「ご助力願えますでしょうか」「ご助力いただけますでしょうか」と質問形式にすることで、相手からの承諾を得て正式に力を貸してもらう方が柔らかい表現です。 相手に断る余地を与えるという意味でも、丁寧な頼み方だと言えるでしょう。 使い方・例文4つめと同じように、「あなたの力を私に貸してください」とお願いする表現です。 質問形式ではありませんが、「力を貸してくれたら嬉しいです」という言い方にすることで、押し付けがましさを少なくしています。 「ご協力ください」のように、言い切ってしまっても問題のない言葉もあります。 しかし、押し付けがましくなると良くないような頼みごとには、「幸いです」を語尾につけると覚えておきましょう。 ご助力を正しく使って感謝の気持ちを伝えよう! 今回は、ご助力の使い方・例文とともに、敬語としても使えるご助力の類語や英語表現についても見てきました。 ご助力を使う場面としては、援助に対してお礼を言う場面と手助けをお願いする場面の2パターンがあるとわかりましたね。 手助けをお願いする時には、押し付けがましくならないように注意する必要があります。 助けてもらって当たり前という態度をとっている人には、手助けする気がなくなるでしょう。 日常生活においてもビジネスシーンにおいても、感謝の気持ちを忘れないようにしたいところです。 日頃から感謝の気持ちを持ち、助けてもらった時には必ずお礼を言うように心がけましょう!.

次の

「助けてください」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

手助け 類語

では次は「助けてください」という敬語の使い方についてお話しします。 敬語の種類は? 敬語は謙譲語、尊敬語、丁寧語の三種類に分類されるということをまずは覚えておきましょう。 丁寧語は目上の人と話す時に、敬意を払って「です」や「ます」を使って話す言葉を意味します。 謙譲語は目上の人に対して自分が何かをする時に自分自身のことを控えめに表現する言葉を指します。 そして尊敬語は目上の人の動作を表現する時に使います。 「助けてください」という言葉は、「助ける」+「ください」という組み合わせによって成り立っていますので、敬語の中では丁寧語に分類されます。 使い方 「助けてください」という言葉は敬語に分類されますから、決して間違った言葉ではありません。 しかし「助けてください」という言葉のうち、相手の行動を指している「助ける」という言葉が敬語になっていません。 ですから、「助けてください」という言葉は丁寧語であっても尊敬語ではないため、目上の人に使う言葉としてはあまりおすすめできません。 もちろん目上の人であっても、親しい間柄であれば、「助けてください」という敬語を使うのも良いでしょう。 ですが、目上の人に話す場合は「助けてください」という表現がベストではないということを覚えておくことも大切と言えます。 メールでの使い方 「助けてください」という敬語は相手の力を借りたいことをシンプルに示しますので、もちろんメールでも使える言葉です。 ただし少しフランクな印象を与えるということはきちんと覚えておきましょう。 メールではもちろん相手の顔が見えませんから、メールの文面を読んで相手がどのような反応をするか知ることができません。 だからこそメール内ではきちんと丁寧な敬語を使うことがより大切になってきます。 メールで「助けてください」という敬語を使う際は、自分から見た相手の立場や関係性をもう一度きちんと認識してから使うようにしましょう。 ビジネスでの使い方 ビジネスの場では「助けてください」という言葉ではなく別の敬語表現を使うのが良いでしょう。 近しい先輩や同僚などに対してであれば、もちろん「助けてください」という表現を使うのは問題ありません。 しかし取引先や上司に「助けてください」という言葉を使うのは失礼な印象を与えてしまうに違いありません。 ビジネスの場では言葉により丁寧さが求められますので、敬語の使い方をしっかりと覚えましょう。 「助けてください」を敬語表現する時の例文 「助けてください」を敬語表現する時は「助ける」という言葉をきちんと敬語に言い換えるべきでしょう。 「助ける」の言い換えとその例文についてお話しします。 ご協力 「ご協力をお願いいたします」という言葉を耳にする機会も多いでしょう。 「協力」は目的に向かって力を合わせ努力することを意味します。 「ご協力」は、「協力」という言葉の頭に「ご」をつけることで敬語となった言葉です。 ご協力という言葉を使った例文としては以下のような表現が挙げられます。 ・〇〇の実現に向けて、ご協力をお願いいたします。 また、ご協力は「助けてください」という意味だけでなく、相手の行動を制限する時にも使うことができる言葉です。 電車やバスの中で「一人でも多くの方が座席を利用できますよう、ご協力をお願いいたします。 」といった注意書きを見かけることもあるでしょう。 柔らかい表現で、相手の言動を制限する場合は「ご協力」という言葉がとてもふさわしいと言えるでしょう。 ご支援 「ご支援のほどよろしくお願いいたします」という言葉も「助けてください」という意味で使える言葉です。 「支援」とは「 苦境にある人を 力を添えて助けること」を意味します。 その「支援」の頭に「ご」をつけた言葉が「ご支援」ということになりますので、相手に「助けてください」という旨を伝える際にはぴったりの言葉でしょう。 ご支援という言葉を使った例文としては、選挙の際によく聞くこのフレーズが挙げられます。 ・皆様の温かい一票をどうか〇〇に投じてください。 ご支援のほどよろしくお願いいたします。 また、ご支援という言葉はビジネスメールなどにも常套句として頻繁に登場します。 経済的、物理的な協力関係がない場合でも社交辞令として「いつもご支援を賜りまして、私共一同心から感謝しております。 」と文頭につけたり、「今後とも変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。 」と文末につけることが多いと言えます。 お手伝い 「お手伝いいただければ大変ありがたいです。 」という言葉も「助けてください」と同じ意味で使える言い回しです。 「手伝う」は「他人の仕事を助けてうまくいくように力を添えること」を意味します。 お手伝いという言葉を使った例文としては、以下のような表現が挙げられます。 ・この仕事を午前中に終わらせなければいけませんので、お手伝いいただけますか? このように、「助けてください」という言葉は色々な方法で言い換えることができます。 「ご協力」「ご支援」「お手伝い」はとても便利な言葉ですが、さらに丁寧な「助けてください」の言い換えがあります。 目上の人にはできるだけ丁寧な言葉で話すべきです。 次はより丁寧な「助けてください」の言い換えについてお話しします。 さらに丁寧な「助けてください」の別の敬語表現 「お力添え」や「ご尽力」という言葉を聞いたことがあるでしょう。 この二つが、さらに丁寧な「助けてください」の言い換えです。 自分よりかなり目上の人に話す時は、「お力添え」か「ご尽力」を使うのがふさわしいでしょう。 ご尽力 「ご尽力」は「助けてください」を丁寧に表す時に使える便利な表現です。 「ご尽力」は「目標に向かって力を出し尽くす」「努力」するという意味を持ちます。 ビジネスシーンでも積極的に使える言葉です。 ビジネス上で「努力」という言葉を使うシーンがあった場合、「努力」ではなく「尽力」という言葉を使った方が、きちんと敬語を使うことができる人だという印象を相手に与えることができるでしょう。 ご尽力と尽力 「尽力」には「ご」をつける場合とつけない場合があります。 意味はどちらも同じですが、「ご尽力」は相手に対して使う言葉で、「尽力」は自分に対して使う言葉です。 ですから、「ご尽力」の使い方は「ご尽力いただきありがとうございました。 」や「ご尽力を賜り、感謝しております。 」となります。 「尽力」は自分に対して使う言葉ですから「尽力させていただきます」や「尽力いたします」といった使い方が正しいと言えます。 よくある間違った「尽力」表現 「尽力を尽くします」という言葉を思い浮かべる人もいるでしょう。 しかしこの表現は間違いです。 「尽力」という言葉自体が「力を尽くす」という意味を持っているのにもかかわらず、さらに「尽くします」をつけてしまうと「力を尽くすように尽くします」という重複表現になってしまいます。 「尽力を尽くします」ではなく「尽力いたします」が正しい使い方です。 きちんと理解して正しい敬語を使いましょう。 お力添え 「力添え」は「助ける」の敬語表現です。 「お」をつけることで目上の人にも使える敬語となり、「お力添えいただきありがとうございます。 」と言った表現で使える言葉です。 お力添えという言葉には「手助け・協力」などの意味があり、ビジネスシーンでも使える便利な言葉です。 自分が相手のために何かをする時には基本的には使えない言葉ですから、きちんと覚えておきましょう。 「お力添え」という言葉を使って相手に「助けてください」という時は、「何卒お力添えいただきますよう、よろしくお願い申し上げます」や「〇〇様のお力添えをいただきたく、ご連絡いたしました。 」といった言い方で使うのが正しいと言えます。 「力添え」と「尽力」の違い 「尽力」は「努力すること」を意味するのに対し、「力添え」には「努力」という意味はありません。 ですから、「力添え」は単純に「助ける・協力」という意味だと覚えておくのが良いでしょう。 相手にかなりの努力をして助けてほしい時は「ご尽力」、単にサポートしてほしい時は「お力添え」を使うのが正しいと言えます。 細かな意味の違いはありますが、両方とも「助けてください」と言いたい時に使える言葉ですから、ビジネスシーンでも積極的に使用しましょう。 丁寧すぎると逆に失礼になる場合も? いかがでしたでしょうか。 今回は「助けてください」という言葉の敬語表現についてお話ししました。 フランクに「助けてください」というのも良いですが、相手の立場によって使い分けることが大切だということがお分かりいただけたでしょう。 少し目上の人には、少し丁寧な「ご協力いただければ幸いです。 」や「ご支援のほどよろしくお願いいたします。 」もしくは「お手伝いよろしくお願いいたします。 」を使ってみましょう。 さらに丁寧さが必要なビジネスシーンでは、「ご尽力いただければ幸いです。 」「お力添えをよろしくお願いいたします。 」と使ってみましょう。 敬語を正しく使うことは、相手を敬い失礼のない態度で接するためにとても大切です。 敬語をすぐにきちんと把握するのはとても難しいことだと言えるでしょう。 敬語で話さなければいけないシーンがいつ訪れても良いように、日頃から正しい表現を使う努力が大切と言えます。

次の

「フォロー」の意味とは?ビジネスでの使い方と英語表現も

手助け 類語

公開日: 2018. 04 更新日: 2018. 04 「寄与する」「貢献する」「資する」の違いと使い分け 「寄与する」「貢献する」「資する」という言葉をご存知でしょうか。 「発展に寄与する」「優勝に貢献する」「改善に資する」などと使います。 では、「寄与する」「貢献する」「資する」の意味についてきちんと理解しているでしょうか。 日常会話でも聞くことが多い言葉ですよね。 ただ、よく使う言葉でも具体的な意味について分からないということがあります。 「寄与する」「貢献する」「資する」もそういった言葉の一つだと思います。 3つを適切に使い分けるには、意味について正しく知っておく必要があります。 そこで今回は「寄与する」「貢献する」「資する」の使い分けについて解説していきます。 意味を正しく覚えて、上手く使い分けできるようにしましょう! 「寄与する」「貢献する」「資する」の違い 「寄与する」・・・力を出し切ることで、社会や人の役に立つこと 「貢献する」・・・力を出し切ることで、社会や人の役に立つこと 「資する」・・・ある物事を行う上で、良い役目を果たすこと 「寄与する」と「貢献する」はほぼ同じ意味です。 ただ、元々「寄与する」は「贈与する」、「貢献する」は「貢物を差し出す」という意味でした。 このように、「寄与する」は 目上から目下へ、「貢献する」は 目下から目上へという意味合いの違いがあります。 「寄与する」でも「貢献する」でも意味は同じですが、「寄与する」には「上から下へ」というニュアンスが含まれていることに注意しましょう。 「資する」は「物品や金品を与えることで、手助けする」を意味します。 「寄与する」の意味と使い方 「寄与」は< きよ>と読みます。 「寄」は音読みで「キ」、訓読みで「よる・よせる」と読みます。 「寄」は「頼ること、支援を受けること」を意味します。 「与」は音読みで「ヨ」、訓読みで「あたえる・くみする・あずかる」と読みます。 「与」は「もたらすこと」を意味します。 「寄与する」の意味は「 力を振り絞って、社会や人に対して役に立つことをすること」です。 何か物事を行うことで、社会や国家の向上に良い役目を遂げることを表します。 言い回しとしては、 ・向上に寄与する ・進歩に寄与する ・発展に寄与する ・振興に寄与する ・進展に寄与する などとなります。 「寄与する」の類語には、「役に立つ」「期待に応える」「手柄を立てる」「期待に沿う」「尽くす」「足跡を残す」「戦力になる」などがあります。 例文 ・彼の新しい研究は、医療技術の発展に寄与するだろう。 ・彼らが行った取り組みに関しては、地域活動の向上に寄与するはずだ。 ・今年のチームの躍進に、彼の活躍が寄与したところは大きいだろう。 ・今期の彼女の営業成績は、傾きかけていた会社の発展に大いに寄与した。 ・毎日早寝早起きをしたり、お酒やタバコを控えることは、病気の予防に寄与するだろう。 ・成績不良の生徒に補講を受けさせることは、学力増進に寄与することになるだろう。 ・募金やボランティア活動は被災地の復興に寄与することになるから、なるべく行うようにする。 「貢献する」の意味と使い方 「貢献」は< こうけん>と読みます。 「貢」は音読みで「コウ・ク」、訓読みで「みつぐ」と読みます。 「貢」は「力を尽くすこと」を意味します。 「献」は音読みで「ケン・コン」、訓読みで「たてまつる・ささげる」と読みます。 「献」は「立場が上の者や神仏にものを差し上げること」を意味します。 「貢献する」の意味は「 物事や人に力を注いで、良い結果を生むこと」です。 何か物事を行うことで、社会や国家の向上に良い役目を果たすことを表します。 使い方としては、 ・社会貢献 ・貢献者 ・人に貢献する ・チームに貢献する ・社会に貢献する などとなります。 「貢献する」の類語には、「力になる」「成果を残す」「業績を上げる」「役に立つ」「良い働きをする」などがあります。 例文 ・打撃も守備も優れている彼の活躍は、チームの優勝に貢献した。 ・行事の内容を見直したり、校則を変えることは学校の発展に貢献することになるだろう。 ・彼らはイベントを開催したり、特産物を様々な地で売ることで町の活性化に貢献した。 ・社会に貢献するためには、一生懸命仕事に励んだり、活動に積極的に参加することが大切だ。 ・チームの勝利に貢献できるか不安だが、自分ができることを精一杯行う。 ・彼の発明は、生活を豊かにすることに多大なる貢献をしたことで有名である。 ・事業の発展に少しでも貢献できるように、日々の努力を怠らないようにする。 「資する」の意味と使い方 「資する」は< しする>と読みます。 「資」は音読みで「シ」、訓読みで「もと・たち・たすける」と読みます。 「資」は「ある物事に効果があること」を意味します。 「資する」の意味は「 ある物事の役に立つこと、援助すること」です。 「資する」を使う場合、主語は「ひと」ではなく「もの」となります。 「資する」は公的な文章や新聞記事など、ややかしこまった文章で使われることが多いです。 使い方としては、 ・資すべき ・発展に資する ・改善に資する ・安定に資する ・活性化に資する ・振興に資する ・向上に資する などとなります。 「資する」の類語には、「導く」「手助けする」「有利に働く」「ためになる」「得になる」「割りに合う」などがあります。 例文 ・ホームドアの設置は転落事故防止に資する。 ・課題を解決して、社会の活性化に資するため、様々な試みがなされている。 ・会談を行うことは、国家間の関係の進歩に資する。 ・A社との連携は、事業の安定に資するものであるので続けていくべきだ。 ・科学の振興に資するように、研究に努めるべきだ。 ・今回の政策は、地域の発展に資するだろう。 ・その発明は、将来の工業の発展に資するだろう。

次の