生 ゴミ 処理。 家庭でできる生ごみ処理方法

業務用バイオ式生ごみ処理機|【NECフィールディング】

生 ゴミ 処理

生ごみ処理機 バクテリア方式 堆肥型 有機物を熟成させ、堆肥にしやすい成分とする。 そのまま使用できるわけではなく堆肥製造の為2次処理の受け入れ体制が必要である。 1週間に1度程度残さの取り出しが必要 消滅型 消滅型はコンパクトで取り出し不要。 分解臭が少ないので屋内設置が可能。 微生物たちが生ごみを生分解し、水分と炭酸ガスが排出される。 分解した水分は、製品下部の細かいメッシュから排水 乾燥方式 乾燥するだけなので量は減らせるが、分解はしない。 生ごみ処理としては廃棄が負担になる。 焼却方式 燃焼してしまうため灰の状態まで減容できるが、ダイオキシン類やCO2の発生など、環境に悪影響を及ぼす可能性がある。 使うたびに取りだしが必要 NECフィールディングはお客さまのビジネスを支援するITシステムの設計・構築からその後のまでを幅広くサポートします!IT機器・システムはもちろん、それ以外の機器やNEC製品以外の機器(マルチベンダー)の対応も行なっています。 NECフィールディングは、3つの強み(技術力・展開力・ナレッジマネジメント力)を活用し、お客さまの課題や事業プランに合わせて、最適なビジネス環境をお客様と一緒に構築していきます。 全国約400ヵ所にサービス拠点を構えているため、24時間365日、いつでもどこでもスピーディにサービス提供が可能です。 ITシステム(ビジネス)のことなら60年以上にわたり、常にお客さまのそばで、お客さまのさまざまな課題を解決してきたNECフィールディングまでご相談ください。

次の

家庭用生ゴミ処理機のおすすめ10選。イヤな臭いとおさらば

生 ゴミ 処理

触媒型生ゴミ処理機 触媒型生ゴミ処理機とは、その名の通り、生ゴミの分解に触媒を用い、化学反応により生ゴミを分解するものです。 最近登場した処理方式ですが、海上自衛隊、陸上自衛隊で採用が決まるなど、将来の主流になる可能性を秘めた処理方式です。 処理方法 触媒を高温で生ゴミと混ぜ合わせると、少量の水素ガスが発生します。 この水素ガスは極少量なので、爆発の危険はありませんが、処理機内で反応させることで水蒸気になります。 この化学反応を繰り返すことにより、生ゴミをほとんど水に変化させてしまいます。 排出される水もとてもクリーンなもので、各種水質検査でもそのまま排水しても環境に影響がないレベルであることが実証されています。 なお、水素の化学反応時の熱も有効に使うことで、処理にかかる電力消費量も抑えることができます。 触媒型生ゴミ処理機の特長 生ゴミ処理中のニオイがほとんど無い バイオ型のように菌による分解ではないので、処理中のニオイはほとんど出ません。 ニオイが問題になる場所の設置に向いています。 残渣の量が少ない 処理後の生成物 残渣 の量の少なさも特長の一つです。 残渣は1mm以下のパウダー状になっています。 もちろん生成物を堆肥に使用することも可能です。 生ゴミの種類を選ばない バイオ型では単一品を投入するとうまく処理できないなどの問題が発生しやすいですが、触媒型の場合、問題なく処理することができます。 バイオ型でよく問題になる米飯なども問題なく処理することができます。 生成物・残渣の安全性 主な生成物は水になりますが、水質検査の結果、そのまま排水しても問題ないレベルであることが証明されています。 触媒は繰り返し使用できます 触媒は長期間使用することが可能です。 当社取り扱い機器の場合、5〜8年間の使用が可能で、ランニングコストを抑えることができます。 触媒型の苦手なもの• これ以上の処理能力が必要な場合は複数台導入する必要があります。 油の多いもの 油の多いものの処理は不可能ではありませんが、処理に時間がかかります。

次の

業務用バイオ式生ごみ処理機|【NECフィールディング】

生 ゴミ 処理

ごみが減るのでエコということはもちろん、他にもいろいろなメリットがあります。 そのひとつは、 いつでもすぐに処理ができるので、臭いや虫の発生を防いでくれること。 特に気温の高い夏場には、家の中に保管すると悪臭が出るし、外で保管すると鳥や動物に荒らされるし…、などということも多いですよね。 生ゴミ処理機があれば、そういったトラブルを減らすことができます。 さらには、 処理後のカスを肥料として使える製品も。 家庭菜園やガーデニングをやっている方にとっては嬉しいポイントですよね。 高価な品もあるのが難点ですが、自治体に申請すると助成金が出る場合もあるので、しっかり調べて、便利な生ゴミ処理機をお得に手に入れてくださいね! 本体が予算内でも、トータルのランニングコストが高いと使い続けにくいため、しっかりと確認しましょう。 バイオ式の場合、生ゴミの発酵にバイオチップが必要なので、1回分の量と価格を確認しておくのは必須です。 電力を必要とする乾燥式なら、消費電力をチェックしておきましょう。 あまりに消費電力が大きいものだと、使い続けるのが負担になります。 モード選択で無駄な時間を省いたり、省エネ機能が使用できたりすると安心です。 また、ハンドルでかき混ぜるタイプなら、電力の消費自体をカットできますよ。 粉砕式の場合は、定期的なメンテナンスに費用がかかる場合もあります。 1回のメンテナンスにどのくらいの費用が掛かるのか確認して、長く使えるかどうか判断しましょう。 蛇口付きのバイオ式生ごみ処理機です。 をよく水切りした生ゴミを細かく刻んでエコペールに入れたら、発酵促進剤をふりかけるだけ。 後は繰り返し入れていき、いっぱいになったところで1~2週間ねかせると一次発酵が終了します。 その後は土と1:1で混ぜ合わせ、2~4週間ねかせたら発酵肥料の出来上がりです。 本体にはコックがついていて液肥を抜くことができます。 1000倍に薄めて草花に使えますし、500倍に薄めて排水管やトイレに流せば消臭・洗浄効果も。 生ごみだけでなく、庭の落ち葉や雑草を入れてもOKですよ。 処理方法 バイオ式 処理容量 11L 脱臭率 - 音 - 処理率 - 必要アイテム 発酵促進剤 消費電力 - A4用紙程度のコンパクトサイズで、オシャレなデザインが魅力。 キッチンに置いても違和感がなく、水切りネットをセットしておけば三角コーナーのかわりとして使用できますよ。 また、独自の技術を採用した脱臭ユニットを搭載。 活性炭を使ったフィルターで、乾燥中の嫌なにおいをしっかり脱臭してくれます。 さらに、破砕刃を使わずに温風だけで乾燥させるため、36デシベルと比較的静か。 賃貸物件や深夜でも安心して使用でき、気軽に使いたい方におすすめです。 使用後は、台所用の中性洗剤でつけ置き洗いをするだけでOK。 お手入れまで簡単なので、小まめにお掃除しやすく、いつでも清潔に保てます。 乾燥しやすいもので、容量がバスケットの6割以下の場合は節電モードが、量が多い場合や、しっかり乾燥させたい時は通常モードがおすすめです。 乾燥が終わると自動で運転が終了するので、スイッチの切り忘れもありません。 水切りネットをかぶせた専用バスケットをシンクの隅に置き、三角コーナーとして使います。 処理する時は水を切ってバスケットごと処理機にセットすればOK。 生ごみに直接手を触れることなく、手軽に処理ができますよ。 また、 予約機能を使えば運転開始を3時間後に設定することが可能に。 深夜電力を利用できるので、消費電力が気になる方におすすめです。 乾燥後の処理物は土と混ぜて、1~4週間寝かせれば、有機肥料として使えます。 処理方式 温風乾燥式 処理容量 1回最大700gまたは2L 脱臭率 - 音 約36デシベル 処理率 必要アイテム 脱臭フィルター・バスケット用水切りネット 消費電力 150W 狭いスペースでもすっきり設置でき、ゴミ箱感覚で使える処理機です。 独自のプラチナパラジウム触媒を塗布することで、においの成分を二酸化炭素と水(水蒸気)に化学的に分解して脱臭してくれます。 標準モードとソフト乾燥モードの2種類がありますが、ソフト乾燥モードは標準よりやや低めの温風で乾燥させるので、 においをさらに低減し、処理後は有機肥料として使用可能。 タンパク質の熱による変性が起きにくいため、短期間で肥料成分を土の中に供給できます。 ECサイトの口コミでは、「台所においても、ニオイが気にならなくていい」という声も。 お値段は張りますが、しっかりしたものを購入したい方におすすめです。

次の